賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険の選び方 > 保険選びのポイント > 必要保障の見分け方


必要保障の見分け方

生命保険を選ぶ際に必要な保障について把握することは大切です。必要保障の見分け方や保障額の変化などについて解説しています。

必要な保障とは

生命保険に初めて加入する方にとって意外と難しいのが「自分にとって本当に必要な保障とは何か」を見つけることです。自身や家族の生活を保障するのが生命保険の主な加入目的ですが、どのような形で自身や家族を保障するのかは個人によって大きく異なります。

必要な保障を見つるためには、人生にどのようなリスクが潜んでいるのか、または人生でどのようなことをしてみたいのかイメージすることが大切です。例えば自身が死んだ時は葬儀費用の他に残された家族への生活保障、ケガや病気で入院した場合の入院費や手術費にどのように備えるかを考えてみましょう。

そのため貯蓄が十分ある人にとっては生命保険に加入するメリットはあまり大きくありません。万が一の場合に貯蓄で対応できる人にとってはリスクが少ないため生命保険に加入する効果が少ないからです。

必要保障の種類
保障内容 概要
死亡保障 死亡や高度障害になった場合に残された家族の生活費や葬儀費用などに充てられる
医療保障 ケガや病気で入院、手術が必要になった場合の医療費に充てられる
貯蓄 定年退職後の生活費の保障や子供の教育費用などに充てられる
その他の保障 介護が必要になった場合の介護保険など

必要保障と主契約の見つけ方

生命保険の必要保障には「死亡保障」「医療保障」「貯蓄」と大きく3つの種類がありますが、それぞれの保障に対してさまざまな主契約の生命保険があるので、必要な保障を見つけたら主契約を選ぶ必要があります。

下のチャートに「YES」「NO」で答えるだけで、必要となる保障と主契約の種類が簡単に見つけることができます。

必要保障と主契約の見つけ方チャート

結婚している方は子どもがいるかいないかで必要な保障が大きく異なります。子どもがいる場合は死亡保障を手厚くする必要があり、また毎月の生活費も多くなるため保険料が安い定期保険(逓減定期保険)がおすすめです。教育費のための学資保険やケガや病気に備える医療保険も重要です。

結婚している方で子どもがいない方は、死亡・高度障害時に配偶者(主に妻)への生活保障が必要となります。生活費が年金形式で受け取れる収入保障保険や介護が必要になった場合に役立つ介護保険などへの加入も検討したいところです。

結婚されていない方は自身への保障が必要となり、医療保険や定年退職後の生活に備えるために個人年金保険が重要となります。また将来のインフレが心配という方は、保障期間が決まっていて保障額と保険料が更新ごとに変わる更新型や変額型の医療保険を選ぶのがおすすめです。

ライフステージが変わると必要保障も変わる

必要な保障は人生の変化(ライフステージの変化)によって変わってきます。例えば子どもが大学を卒業して独立すると必要な生活保障費は減額しますし、老後が近づいてくると自身の収入保障や医療保障が大切になってきます。

またお店を開業して独立したり一生独身で過ごす場合など、個人のライフスタイルの違いにより必要な保障も変わってきます。

自分に必要な保障を見つけて数ある保険商品の中から自分に合った生命保険を見つけるためには、自身の状況や将来の人生プランを把握することが大切です。保険の無料相談サービスなどを上手く活用して、自分に合った生命保険や保険プランを作り上げることもおすすめの方法です。

必要保障の見分け方のまとめ

  • 個人によって必要な保障や保障額は異なる
  • 結婚している人としない人では必要保障や保障内容が大きく変わる
  • 自身の状況に応じて生命保険をオーダーメイドすることが大切

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加