賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険の見直し > 保険の見直しポイント > 保険の転換とは


保険の転換とは

保険の転換とはどのようなものなのでしょうか?転換の種類やメリット・デメリットなどについて解説しています。

保険の転換とは

保険の転換とは現在加入している保険をいったん解約して、解約返戻金や積立金などを転換価格(下取り価格)として新しく別の生命保険に加入し直すというものです。

保険の転換をすることによって必要な保障や目的に合わせて保険の種類を変更したり、保険期間の延長や保険金の受取方法、特約を追加したり省いたりすることで現在の生命保険をトータルに見直すことができます。

ただし、解約前の保険料や保証内容と転換後の保険料や保証内容としっかりと見比べてから転換を決定する必要があります。下のチェックリストを見ながら、転換した場合にメリットが大きくなるか検討してみましょう。

  • 現在の保険の予定利率
  • 転換時の年齢による保険料アップ
  • 転換時に新たに告知義務が必要
  • 保障内容の変更点
  • 払込期間、保険期間の変更点
  • 満期になった時の保険金・給付金の変更点

基本的に保険の転換は同じ生命保険会社が取り扱っている商品にしか変更できません。転換によるチェックポイントとして最も大切なのが新旧保険の予定利率の違いです。予定利率によって保険料が決まってくるので、金利が高い時に加入した生命保険の方が保険料に関してはお得です。

また保険料を抑えながら保障額を手厚くできるということで定期保険への転換を薦められることがありますが、終身保険や養老保険など貯蓄性の高い死亡保険を解約してまで保障を手厚くする必要があるかしっかりと検討することも大切です。

保険転換の種類

保険の転換には、「基本転換」「定特転換」「比例転換」の3種類があります。基本転換は終身保険のみに適用される転換方法で、今まで支払ってきた保険料を転換価格として下取りしてもらい、転換価格を今後の終身保険の保険料に充当することによって保険料を軽減させるものです。

定特転換とは定期保険特約の保険料に転換価格を充当させるもので、定期保険特約の保険料のみ軽減させることができ、終身保険の保険料に関しては軽減されません。また定期保険特約が更新されると、新しい特約の保険料に関しては保険料が軽減されることはありません。

比例転換とは終身保険と定期保険特約の両方の保険料に転換価格を充当させるもので、両方の保険料が充当された転換価格に比例して軽減されることになります。こちらも定期保険特約が更新されると、新しい特約の保険料が軽減されることはありません。

保険転換のメリットとデメリット

保険を転換する最大のメリットは、今まで支払ってきた保険料を活用して今後の保険料を負担を減らすことができるというものです。通常であれば保険期間終了時に満期保険金を受け取るまで保険料を支払い続けますが、途中までの保険金をいったん受け取ることで将来の保険料負担を減らすことができます。

保険転換のデメリットは予定利率が低い新しい保険商品に加入する可能性が高いといものです。金利は20年前に比べると大きく下がっているので、現在の予定利率はかなり小さいものになっています。そのため保険転換によって保険料がアップする危険性もあり、また途中解約することによって解約返戻金の返戻率も小さいのがデメリットの1つです。

生命保険を転換する場合は入念なシミュレーションが必要になるので、保険料負担の軽減を検討されている方は一度無料の相談サービスを利用されることをおすすめします。生命保険全体を見直して商品券やギフト券がプレゼントしてもらえるので、最適な保険商品を選ぶことができます。

保険の転換のまとめ

  • 現在の保険をいったん解約して転換価格を充当することで保険料を軽減することができる
  • 保険期間や更新に合わせて転換の種類を選ぶ必要がある
  • 予定利率の低下や返戻率が低いことから転換のデメリットについても理解しておく

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加