賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > おすすめランキング > 医療保険の紹介 > おすすめがん保険ランキング2017年版


おすすめがん保険ランキング2017年版

がん保険への新規加入や見直しを検討されている方に、独自のがん保険ランキングを紹介しています。上位の保険商品についても解説しています。

がん保険の特徴、選び方

日本人の死亡原因の第1位はがんであり、年齢を重ねるごとに発病率が上がっていきますが若いうちからがんを患う人もたくさんいます。いざがんになると高額な手術費用や先進医療費、また治療が長期に渡る場合はベッド代の差額などが大きな経済的負担となります。

がんの治療に備えるために有効なのががん保険で、がんと診断された場合に給付される「診断給付金」、特定の手術を行った場合に給付される「手術給付金」、がんで死亡した場合の「がん死亡保険金」などがあります。

がん保険も医療保険と同様に保障期間が一定期間に定められており更新ごとに保険料が上がっていく定期タイプと、保障期間が一生涯で保険料が変わらない終身タイプがあります。

がん保険を選ぶポイントは診断給付金と入院給付金の金額と月額保険料のバランスです。また損保会社から販売されているがん保険は実質かかった費用に対して保障を行う「実損補てんタイプ」で、差額ベッド代が保障されない代わりに自由診療にかかる費用も保障されるのが特徴です。

がん保険ランキング

がん保険ランキング2017年版
ランキング 保険会社 保険商品名
1位 オリックス生命 Believe
2位 AIG富士生命 がんベスト・ゴールド
3位 SBI損保 がん保険自由診療タイプ
4位 アフラック 生きるためのがん保険 Days
5位 セコム損保 自由診療保険 メディコム

がん保険ランキングは、保障内容と給付金、保険料のバランス、特約の内容などをもとにランキングしています。

がん保険ランキングの分析

がん保険ランキングで1位になったのはオリックス生命の「Believe」で、割安な保険料で充実したがん保障を受けられるのが特徴です。がんと診断された場合に100万円、治療を開始すると50万円が給付されます。Believeでは上皮内がんでも保障されるのが大きなメリットです。

また入院給付金が1万円、10日以上の継続入院から退院すると退院一時金が10万円、先進医療特約が2,000万円までと保障内容が充実しています。また所定の高度障害になると保険料の払込が免除されます。

※オリックス生命の「Believe」を資料請求する(alink)

2位になったのはAIG富士生命の「がんベスト・ゴールド」で、初めてがんと診断された場合に診断給付金100万円と初回診断一時金100万円の計200万円が支給されるのが大きな特徴です。

また診断給付金は2年ごとにリセットされるので、再度がんと診断された場合は何度でも診断給付金を受け取ることができます。入院給付金は特約で追加することになりますが、80歳まで加入できるのも特徴です。

※AIG富士生命の「がんベスト・ゴールド」を資料請求する(alink)

3位に入ったのはSBI損保の「がん保険自由診療タイプ」で、実費に対して保障される「実損補てんタイプ」が特徴です。健康保険などの公的保険で保障されない実質かかった医療費はすべて保障され、自由診療費、先進医療費、自己負担分など無制限で保障されるのが大きな特徴です。

※SBI損保の「がん保険自由診療タイプ」を資料請求する(alink)

がん保険は保険商品によって保障内容や給付、保険料や特約の種類などが大きく異なります。加入や見直しを検討されている方は一度無料の相談サービスなどを利用されることをおすすめします。


『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加