賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > おすすめランキング > 所得補償保険 > おすすめ所得補償保険ランキング2017年版


おすすめ所得補償保険ランキング2017年版

所得補償保険への新規加入や見直しを検討されている方に、独自の所得補償保険ランキングを紹介しています。

所得補償保険の特徴、選び方

所得補償保険はケガや病気で働けなくなった場合に、設定していた補償額を受け取ることができる損害保険です。1~5年間のように決まった期間の補償が受けられるタイプと60歳までなど長期タイプがあります。

所得補償保険は死亡、高度障害には至らないが働けなくなった人の所得を補償するものです。ただし保険会社が定めた所定の状態を満たす必要があり、補償額を増やすためには保険料の負担も大きくなります。

所得補償保険を選ぶ際は補償期間が長い長期タイプと、うつ病や統合失調症などの精神疾患もカバーしているタイプを選ぶようにしましょう。企業向けの団体所得補償保険もあるので、加入できるかどうか勤め先の会社に聞いておかれることをおすすめします。

所得補償保険ランキング

所得補償保険ランキング2017年版
ランキング 保険会社 保険商品名
1位 日立キャピタル
損害保険株式会社
リビングエール
2位 ライフネット生命 就業不能保険
3位 日立キャピタル
損害保険株式会社
GLTD
(団体長期障害所得補償保険)

所得補償保険ランキングは、保障額と保険料のバランス、所得補償期間などをもとにランキングしています。

所得補償保険ランキングの分析

所得補償保険ランキングで1位になったのは、日立キャピタル損害保険株式会社の「リビングエール」です。損保会社が取り扱う長期タイプの所得補償保険は現在のところリビングエールのみで、毎月数千円の保険料で所得損失のリスクに備えることができます。

補償期間は60歳まで続き、病気やケガからの社会復帰を目指すサポートプラグラムを受けることもできます。告知をする必要はありますが医師による審査はなしで加入することができます。

※日立キャピタル損害保険株式会社の「リビングエール」を資料請求する(alink)

2位になったのはライフネット生命の「就業不能保険」で、生命保険会社が取り扱う所得補償保険と同様の生命保険です。保障期間は65歳までとなっていますが、所定の就業不能状態を満たす必要があり、また就業不能状態が発生してから半年が経過しないと保険金は給付されません。

※ライフネット生命の「就業不能保険」を資料請求する(alink)

3位になったのは日立キャピタル損害保険株式会社の「GLTD」で、法人向けの所得補償保険です。長期タイプで60歳まで補償されるのは「リビングエール」と同様ですが、精神疾患をカバーしているのは「GLTD」のみです。最大で24ヶ月間まですがうつ病による休業も補償されます。

※日立キャピタル損害保険株式会社の「GLTD」を資料請求する(alink)


『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加