賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について


これだけは知っておきたい生命保険

生命保険に関する基本的な内容について紹介しています。保障が受けられるしくみや業界の現状、保険の種類と特徴、平均的な保険料や保障額、加入する際の条件や民間と公的保険の違いなど生命保険の基礎知識をわかりやすく解説しています。

また生命保険の見直しを考えておられる方は、まずよく使用される用語などについて理解しておくようにしましょう。例えば主契約と特約の違い、掛け捨て型のメリット・デメリットや告知義務などについて理解しておくことでより良い商品や保険会社を選びやすくなります。


生命保険の基礎知識

知っておきたい生保の知識

生命保険(主契約)の種類

特約の種類

保険金の請求

保険金の支払い拒否・不払い


生命保険に加入する必要性

あらためて生命保険について調べてみると加入する必要性は人それぞれ異なるということがよくわかりました。独身の方、結婚されている方、子どもがいる方、引退を間近にひかえている方、それぞれの方に合ったそれぞれの生命保険があります。

そのためランキングやテレビCMなどの印象だけで選ぶのではなく、本当に自分に必要な保障をカバーしてくれる生命保険なのか、もしもの場合には十分な保障額を受け取ることができるのかを見極めることが大切です。

また保険料の多くを掛け捨てにするタイプと、途中で解約しても払い込んだ保険料の一部が返ってくる貯蓄性のあるタイプがあります。保険料に違いがありますがそれぞれのメリット、デメリットをしっかりと理解して加入を決めることがポイントです。

主契約と特約

生命保険には主契約と特約部分で構成されており、メインの保障を主契約で、オプションとする保障を特約でカバーするのが基本的な考え方です。例えば死亡保障を主契約で、医療や介護に関する保障を特約で補うというものがあります。

特約は主契約とセットで加入することで保険料が割安になるというメリットがあり、そのため特約だけの保障で生命保険に加入することはできません。また特約でしか保障できない先進医療特約などもあり、主契約との組み合わせが保険選びのポイントとなります。

反対に気をつけなければいけないのは、無駄な特約がセットになっているトータル保障の保険商品です。適用基準が厳しい3大疾病特約や介護特約などは若い世代の人たちにとってあまり必要のない保障で、ニーズに合わせて保障を選べる細分化型がおすすめです。

保険金の請求と不払い

生命保険の保険金は支払い事由が発生したら自動的に支払われるのではなく、契約者や受取人から保険会社に請求をしてはじめて支払いの手続きがスタートします。保険会社の審査を無事クリアすれば指定口座に保険金が支払われます。

ただしいくつかの原因で保険金が支払われないことがあります。1つは告知義務違反で、加入時にウソの申告を行ったことにより保険会社から契約を解除されます。それにより保険金の支払いが拒否されるケースです。これは保険加入者側に問題があるパターンです。

もう1つは保険会社の不備や不可解な審査によって保険金の支払いを拒否されるパターンです。例えば重度の認知症になり1人では生活できない状態になっているのに、死亡保障の支払い事由である高度障害状態に認定されなかったり、公的な介護保険を受けていないために介護給付金の支払いを拒否されるものです。

生命保険は人生の万が一のリスクに備えるために加入するもので、必要な時に保険金が支払われないと生活に支障が出るだけではなく、払い込んできた保険料を無駄にしてしまいます。不払い問題に発展しないためにも、生命保険の加入時の保険金の支払い条件について必ず細部まで確認しておくようにしましょう。