賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険の基礎知識 > 公的保険と民間保険


公的保険と民間保険

公的保険と民間保険とはどのような違いがあるのでしょうか?生命保険を選ぶ際に知っておきたい違いについて解説しています。

公的保険とは

現在はさまざまな種類の保険が存在していますが、「公的保険」と「民間保険」の2つに大きく分けられます。公的保険とは国や自治体が運営しているもので、国民に対する社会保障を目的としています。

例えば、病気やケガをした場合に治療費を負担してくれる「国民健康保険」や老後の生活費を支える「国民年金保険」など普段よく耳にするものも公的保険です。公的保険は大きく分けて4種類に分類されます。

公的保険の種類
分類 保険 概要
医療保険 国民健康保険 病気、ケガをした場合の治療費の負担
協会けんぽ 全国健康保険協会が運営する健康保険
障害年金 仕事や生活が制限される場合に給付
年金保険 国民年金・厚生年金 老後の生活費などのために給付
国民年金基金 国民年金や厚生年金を補充、非強制
遺族年金 残された家族のために給付金を支給
介護保険 介護保険 介護が必要になった場合にサービスを受けられる
労働保険 労働者災害補償保険 仕事中のケガ・病気による障害や死亡に対する保障
雇用保険 失業した場合の生活費などを給付、教育訓練など

以上の他にも車やバイクの運転者が加入する自賠責保険も公的保険の1つです。国民が安心して生活ができるように、生活に起こり得るリスクに対して国が設けている公的な制度であるということが特徴です。

公的保険と民間保険の比較

公的保険は国や自治体・協会が運営しているのに対して、民間保険は国から認可を受けた保険会社が運営しています。また公的保険と民間保険は加入義務や受けられるサービスの内容が異なります。

タイトル
特徴 公的保険 民間保険
加入義務 義務 任意
保険料 所得による 商品や保障内容による
保障範囲・内容 原則一律 商品や保険料による

公的保険は加入する義務が課せられており、国民全員が加入することによって国民全員を支え合うという考え方に基づいています。そのため保険証があれば全国で一律のサービスを受けられるのが1つの特徴です。

反対に民間保険は加入に関しては任意で、また保険会社によって提供されるサービスの質や保険料が異なります。そのため民間保険の商品を選ぶ際には、自分が必要とする保障額や収入と保険料のバランスなどを考える必要があります。

民間保険の必要性

公的保険はあくまで国民の最低限の生活を保障するために整備されている制度なので、また保障範囲も限定されているのであらゆるリスクには対応していません。

例えば国民年金だけではゆとりのある老後生活を送ることはできませんし、遺族年金だけでは十分な給付金とは言えません。また国民健康保険だけでは入院費や高度医療などに対する保証は十分でないので、いざ事故や病気で大きな手術をする必要になった時に困ってしまいます。

まずは現在の公的保険でどのようなリスクに対応しているか見直してみて、不足している保障は民間保険で補うようにしましょう。勤めている会社で加入している社会保険も保障内容がそれぞれに異なるので、死亡した場合、病気やケガをした場合などリスクケースごとの公的・民間保険からの保障額を一度すべて書き出されることをおすすめします。

保険見直しサービスなどの無料相談を受ける際には、現在加入している社会保険などについて聞かれることがあるので、必要な書類などを用意して相談を受けられるとより良いアドバイスを受けることができます。

公的保険と民間保険のまとめ

  • 健康保険や雇用保険など国・自治体が運営している公的保険
  • 公的保険は一律の保障を受けられるが、民間保険は商品や保険会社によって保障内容や保険料が異なる
  • 公的保険だけでは保障が不十分なので、必要に応じて民間保険に加入する

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加