賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険の基礎知識 > 生命保険とは


生命保険とは

生命保険とはどのようなものなのか簡単に説明しています。また運営のしくみや基本用語などについても解説しています。

生命保険で人生のリスクに備える

厚生労働省のデータによると、平成24年度における日本人男性の平均寿命は79.9歳、日本人女性の平均寿命は86.4歳と世界で最も寿命が長くなっています。

参考リンク
・厚生労働省:「主な年齢の平均余命
・生命保険文化センター:「日本人の平均寿命はどれくらい?

このように長い人生の中では、不慮の事故でケガをしたり病気にかかったりすることも考えられます。もし一家の大黒柱として働いている夫(妻)が働けなくなったら、収入が大幅に減ってしまうことになり日々の生活が困窮することになってしまいます。

生命保険はこのような人生のリスクに備えるためのものです。一生のうちにどの程度の資金が必要になるのか人生設計を立ててみることで、生命保険に加入する必要性が浮き上がってきます。

また病気や死亡のリスクに備えるだけではなく、加齢というリスクにも備える必要があります。定年後の暮らしはどのようにするのか、介護を受ける場合はどのような施設で暮らしたいのか、希望する人生プランを実現させるために生命保険は大切な役割を担っています。

生命保険のしくみ

生命保険は保険加入者が保険料を支払うことによって、他の保険加入者と支え合う「相互扶助」で成り立っています。生命保険は1400年代にイタリアで生まれたとされており、日本では海外に留学していた福沢諭吉によってそのしくみが紹介されました。

参考リンク
・Wikipedia:「生命保険

生命保険のしくみ

保険に加入している人は保険会社に毎月一定の保険料を支払うことによって、保険契約書(証本)に記載されている保証を受けることができます。保険料の一部は保険会社の収益となり、また預けられている保険金は保険会社によって株式や不動産投資などによって運用されています。

生命保険の基本用語

生命保険についてきちんと理解するためにも、基本的な専門用語について把握しておくことが大切です。基本用語をしっかりと理解して自分に最適な生命保険を選べるようにしましょう。

生命保険の基本用語
用語 概要
保険契約者 生命保険会社と契約を結び、生命保険会社と権利・義務関係を持つ人 被保険者と別になることもある
被保険者 死亡や病気・ケガ、年金保険などの保険対象となる人 被保険者が条件を満たすことで保険金や給付金を請求できる
受取人 保険金や給付金を受け取ることができる人 保険契約者や被保険者と別になることもある
(例:夫が被保険者、妻が受取人)
保険料 保険契約者が保険会社に支払うお金
保険金 被保険者が死亡・高度障害になったときに保険会社から支払われるお金 または満期になった時に支払われるお金
給付金 被保険者が生きている間に保険会社から受け取れるお金
(例:入院時の一時給付金など)
保険期間・満期 被保険者が保険会社によって保証される期間 保険期間が終わると満期となる
保険料払込期間 保険契約者が保険会社に保険料を支払う義務がある期間 一定の払込期間がないと通常の保証が受けられない保険がある

生命保険は人生をより良く送るためにとても大切なものです。ただし長い人生の中でライフステージの変化(就職、結婚、出産など)やライフスタイルの変化(独立開業、シングルなど)に応じて見直すことが大切です。

最初からベストな生命保険を選ぶことはとても難しく、また毎年のように新しい保険商品が販売されているので、無料相談などサービスをうまく活用しながら定期的に見直されるのがおすすめです。

生命保険のまとめ

  • 生命保険は長い人生におけるさまざまなリスクに備えるためのもの
  • 保険契約者がそれぞれに保険料を支払うことで互いに支え合っている
  • 基本用語をしっかりと抑えて最適なな生保商品を選べるようにしましょう

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加