賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 知っておきたい生保の知識 > 解約返戻金とは


解約返戻金とは

生命保険の解約返戻金とはどのようなものなのでしょうか?保険選びや見直しで損しない解約返戻金について解説しています。

解約返戻金とは

保険の契約期間中に解約することによって、今まで払い込んでいた保険料が返ってきます。これが解約返戻金(かいやくへんれいきん)で、保険会社によっては解約払戻金(かいやくはらいもどしきん)などとも呼ばれます。

解約返戻金には一般的に次の3種類があります。

  • 従来型 … 返戻率計算によって解約返戻金が返ってくる
  • 低解約返戻金型 … 従来型のおよそ70%が返ってくる
  • 無解約返戻金型 … 解約返戻金は返ってこない

従来型は養老保険や終身保険、学資保険などに多いタイプで、保険料の払込期間によって返戻率(支払い済みの保険料の合計に対する解約返戻金の割合)が設定されており、払込期間が長いほど解約返戻金が大きくなっているのが特徴です。

低解約返戻金型は従来型よりも解約返戻金が少ないタイプで、終身保険や学資保険に多いタイプです。従来型の保険よりも保険料が低くなっていることが特徴です。

そして無解約返戻金型は解約返戻金はほとんど返ってこないタイプで、定期保険や医療保険に多くいわゆる掛け捨てと呼ばれる保険です。生命保険に加入する際や見直しをする際は、保険のタイプを確認して解約した場合にどれくらいの返戻金があるのかを事前に確認しておきましょう。

解約返戻金の多い保険と少ない保険

死亡保険の中でも終身保険と養老保険は解約返戻金が多いタイプで、一定の払込期間を過ぎると解約してもすでに払い込んでいる保険料のほとんどが解約返戻金として返ってきます。

ただし、注意しなければいけないのは定期保険や医療保険を特約で付けている場合です。定期保険や医療保険は掛け捨て型の保障として捉えている保険会社がほとんどなので、主契約が終身保険や養老保険でも特約として定期保険や医療保険を付けている場合は解約返戻金がほとんど出ないこともあります。

また学資保険は貯蓄型の保険として捉えられているので、一定の払込期間を終えれば途中解約してもほとんどの解約返戻金が返ってきます。学資保険の中には運用状況などによって払込期間が数年終われば返戻率が100%を超える商品もあります。

解約返戻金は事前に要確認!

死亡保障の中でも定期保険はかけ捨て型と呼ばれるタイプなので、ほとんど解約返戻金は返ってきません。医療保険やがん保険もかけ捨て型が多いので、解約返戻金はほとんどありません。ただし満期給付金や健康・長寿祝金などが設定されている保険は解約返戻金があることもあるので、契約前に保険会社に確認しておくようにしましょう。

解約返戻金の計算方法と返戻率

解約返戻金は以下の計算式で求められます。

  • 解約返戻金の額 = 契約者価格 - 解約控除

契約者価格とは保険金の支払いに充当されるもので、純保険料からすでに他の保険契約者に支払われた保険金を差し引いたものに該当します。また契約控除とは保険会社が契約時などにかかった手数料などのことで、支払った保険料の一部から保険会社のコストを差し引いたものが解約返戻金の額となります。

終身保険の返戻率の例
払込期間 払込み保険料の合計 解約返戻金 返戻率
5年 1,138,200円 775,000円 68.09%
10年 2,276,400円 1,598,000円 70.20%
20年 4,552,800円 3,387,000円 74.39%
30年(満期) 6,829,200円 7,703,000円 112.80%

参考リンク
・アクサダイレクト:カチっと終身保険「保険の詳細

解約返戻金の計算式はほとんどの生命保険の商品パンフレットに記載されているので、どの程度の返戻率があるのかを基準に選んでいきましょう。ただし保険の種類によってメリット・デメリットがそれぞれあるので、生命保険に加入する目的に合わせて返戻金を検討しましょう。

  • 保険料の負担 … 無解約返戻金型 > 低解約返戻金型 > 従来型
  • 将来への備え … 従来型 > 低解約返戻金型 > 無解約返戻金型

また保険を解約して解約返戻金を受け取ると、所得税の一時所得となり税金がかかることになります。年間で他の一時所得との合計が控除額を超えると課税対象となるので、他の一時所得との兼ね合いを考慮して生命保険の解約タイミングを計ることも大切です。

プロのFPによる無料の見直し相談サービスでは、解約返戻金についてもアドバイスを受けることができます。将来設計や税金対策についても有用な情報を聞くことができるので、生命保険について疑問を感じておられる方や見直し、解約を検討されている方は一度相談されることをおすすめします。

解約返戻金のまとめ

  • 払込期間に応じて支払った保険料が返ってくる
  • 解約返戻金が多い生命保険と少ない生命保険のタイプがある
  • 保険の種類によってメリット・デメリットがあるので、加入目的に応じて適切な保険商品を選ぶことが大切

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加