賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 保険金の請求 > 保険金の請求方法


保険金の請求方法

生命保険の保険金を請求するにはどのようなことが必要なのでしょうか?請求の流れや注意点などについて解説しています。

保険金の請求とは

生命保険の保険金は保険会社に請求することによって支払いの手続きが進むので、被保険者が死亡・高度障害になったり、病気やケガで入院・手術をしてもそのまま放置しておけば保険金は振り込まれません。

保険金を受け取るまではいくつかのステップがありますが、まず保険会社に連絡することから始まります。保険会社の担当者が保険金請求に必要な書類を郵送してくれ、その後請求に必要な書類を揃えます。

保険金請求の流れ

被保険者が死亡・高度障害になり、保険料払込み免除特約が付加されている場合は保険料の引き落としが次回からストップします。満期保険金や健康祝い金に関しては給付の時期がきたら保険会社から連絡がきます。

保険金請求に必要な書類

保険会社から必要書類を受け取った後は、除籍謄本や医師の診断書など他に必要な書類を揃えて保険会社に送付する必要があります。主契約の種類によって揃えなければいけない書類が異なるので、保険会社の保険金請求案内などを参考にしながら準備していきましょう。

保険金請求に必要な書類
給付金
の種類
請求書 保険
証券
領収書 印鑑
証明
住民票 戸籍
抄本
入院
証明書
医師の
診断書
死亡
給付金
入院通院
給付金
手術
給付金
介護
給付金
生存
給付金
解約
返戻金

解約返戻金に関しては保険契約者の印鑑証明が必要となりますが、基本的に他の保険金や給付金に関しては受取人の印鑑証明が必要となります。上記のように必要な書類を揃えて保険会社に郵送すれば、保険会社で保険金給付について審査が始まります。

審査が無事終了すれば指定口座に保険金・給付金が振り込まれることになります。指定代理人請求特約を付加させていれば、被保険者に特別な事由があると指定代理人が本人に代わって保険金を請求することができます。

保険金請求の注意点

被保険者が亡くなった後に保険金が請求されずにそのまま放置されているケースが増えてきています。というのも、加入した本人が受取人である家族に保険の存在を知らせておらず、また分かりにくい場所に保険証券を保管していることもあり家族が保険の存在を知りにくい状態になっているということが原因のようです。

このようなことにならないためにも加入している保険については家族で共有して把握するようにし、また保険証券などの重要な書類はまとめて保管し、受取人が見つけやすいようにしておくのがおすすめです。

保険会社の審査では告知義務違反免責事由があるかどうかなどを調査して、問題が無ければ保険金は1~2週間で振り込まれます。

保険金の請求方法のまとめ

  • 保険金は保険会社に請求してはじめて振込みの手続きが進む
  • 必要な書類は主契約によって違うので案内などを参考にして揃える
  • 保険金の未請求事案も増えてきているので、家族と保険について共有しておくことが大事

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加