賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 特約の種類 > 特約の種類


特約の種類

生命保険の特約にはどのようなものがあるのでしょうか?特約の種類や特徴などについて解説しています。

特約とは

生命保険は主契約と特約によって構成されており、主契約がメインの保障を担っているのに対し特約はオプションの保障を担っています。主契約単体で契約することができますが特約単体で契約することはできません。

生命保険の構成

主契約に特約を付帯させるメリットとして、割安な保険料で保障を追加できるという点があります。例えば定期付終身保険は主契約が終身保険、特約として定期保険を付加させた生命保険ですが、それぞれ単体で主契約として加入した場合よりも保険料が1割ほど割安になります。

特約の種類

特約は保障内容によって以下のように分類されます。生命保険に新しく加入される方や無料相談サービスで見直しを検討されている方は、特約の保障内容を予め理解しておくと保険選びに失敗しにくくなります。

特約の種類
特約 概要
定期保険特約 主契約の生命保険に定期保険を特約として付加させるものです
3大疾病特約 被保険者が、がん、心筋梗塞、脳卒中にかかり保険会社が定める条件を満たした場合に保険料の払込免除や一時金の給付が受けられる
がん特約 被保険者が、がんと診断された場合に保険料の払込免除や一時金の給付が受けられる
保険料払込免除特約 ケガや病気で所定の身体状態になった場合に、保険料の払込免除が受けられる
先進医療特約 特定の疾病にかかった場合に先進医療特約の治療費として給付金が受けられる
入院特約 ケガや病気で入院した場合、入院した日数に応じて入院給付金が支払われる
通院特約 ケガや病気で通院が必要になった場合、通院した日数や治療内容に応じて通院給付金が支払われる
介護特約 要介護2~5の認定を受けた場合に、一時金や年金形式で介護給付金が受け取れる
歯科医療特約 保険期間中に歯の治療が必要になった場合に治療費を支給してくれる
リビングニーズ特約 余命半年以下と医師から診断された場合、死亡保険金や満期給付金を生前に受け取ることができる
ファミリー特約 被保険者の配偶者やこどもが病気、ケガなどで受取事由が発生した場合でも保険金がもらえる
災害割増特約 不慮の事故で死亡したり所定の高度障害に至った場合に保険金が受け取れる
傷害特約 不慮の事故で死亡したり所定の身体障害に至った場合に保険金が受け取れる
女性特約 女性特定の疾病による入院・手術が必要になった場合に給付金が支払われます
健康祝い金特約 所定の年齢に達すると健康祝い金として給付金を受け取ることができます
非喫煙者特約 被保険者がタバコを吸わないなどの健康体と認定されると保険料が割安になります
指定代理請求特約 被保険者が請求できない場合に指定した代理人が保険金を請求できる

現在ではさまざまな種類の特約が販売されていますが、本当に必要な特約なのかを見極めて加入することが大切です。非喫煙者特約などは保険料が割安になるので積極的に活用を検討したいところです。

特約の選び方

主契約に特約を付加させる場合に注意したいのが、満期を迎えると特約が消滅するかどうかです。定期保険付終身保険には医療保険特約などが自動でセットされている保険商品もありますが、満期を迎えると特約による保障が無くなってしまいます。

高齢になってから改めて主契約として医療保険に加入しようとしても断られることもあるので、特約の保障がいつまで有効になるのかを加入前にチェックしておきましょう。

主契約と特約の組み合わせは生命保険に初めて加入する人にとっては選ぶのが難しい作業です。保険の無料相談サービスでは商品券をプレゼントしてくれたり、おすすめの特約がついている生命保険を紹介してくれたりするので保険選びに悩んだり見直しを検討されている方は一度アドバイスを受けるのがおすすめです。

特約の種類のまとめ

  • 主契約にオプションとして保障を追加できるのが特約
  • 特約を主契約で契約するより保険料が安くなるというメリットがある
  • 特約を選ぶことは難しいので無料相談を利用してプロのアドバイスを聞くのがおすすめ

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加