賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 特約の種類 > 収入保障特約


収入保障特約

収入保障特約とはどのような特約なのでしょうか?特徴や種類、メリット・デメリットについて解説しています。

収入保障特約とは

収入保障特約とは主契約の生命保険に特約として収入保障保険を付加させたもので、保障期間中に死亡・高度障害に至った場合に保険金を年金形式で受け取ることができる特約です。

収入保障特約

収入保障特約には保障期間が経過するごとに保障額が減っていく逓減型と、保障額が変わらない一定型があります。また逓減型では年金額が一定で支払い回数が減るタイプと、支払い回数が一定で年金額が減るタイプがあるので加入前にチェックしておきましょう。

ある年齢まで保険金が支払われる歳満了タイプと一定の期間中は保険金が支払われる確定年金タイプがあり、これは収入保障保険と同様です。また満期を迎えると特約満期給付金を受け取れる保険商品もあります。

参考リンク
・第一生命:遺族収入保障特約
・明治安田生命:家計保障年金特約

収入保障特約のメリット

収入保障特約のメリットは万が一の場合には保険金を年金形式として受け取れるという点です。毎月一定の保険金が支払われることになるので、生活費や住宅費に充てることができます。また逓減型のタイプは必要保障額の減少に合わせて保険料が割安になります。

また収入保障保険に単体として加入するよりも特約として付加させた方が保険料が割安になります。例えば終身保険に収入保障特約をつければ、割安な保険料で貯蓄性がありながら手厚い死亡保障にすることができます。

保険金は一括で受け取ることもできますが、年金形式で受け取る方が保険金が多くなります。一時的にまとまったお金が必要な場合などはニーズに合わせて活用しやすい特約です。

収入保障特約のデメリット

収入保障特約は掛け捨て型の保険なので貯蓄性がなく、満期を迎えても保険金を受け取ることができません。また主契約の払込期間が終わると特約の保障も無くなるので死亡保障が手薄くなってしまいます。

生命保険の無料相談サービスで見直しを受けると、家族形態に合わせて収入保障特約が提案されることがあります。割安な保険料で死亡保障を手厚くすることができる特約ですが、特約をつけると保険料もアップするので家計の収入と支出をトータルに考えて加入を決めることが大切です。

収入保障特約のまとめ

  • 死亡・高度障害に至った場合に年金形式で保険金を受け取れる
  • 特約で加入すると割安な保険料で保障を手厚くできるメリットがある
  • 掛け捨て型なので加入前に満期時の貯蓄などについても入念な検討をしておく必要がある

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加