賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 特約の種類 > がん特約


がん特約

がん特約とはどのような特約なのでしょうか?特徴やメリット、デメリットなどについて解説しています。

がん特約とは

がん特約とはがん保険を特約として主契約に付加させるものですが、保障内容に関してはがんと診断された場合に給付されるものや入院・手術に対して保険金が支払われるものなど保険会社によって異なり、「がん保障特約」「がん診断特約」などの名前の保険商品もあります。

がんは日本人の死亡原因第1位となっており、また一度がんにかかると治療に長い年月や高い医療費がかかるので備えておきたい保障です。最近ではがんに対する先進医療技術の開発が進み有効な治療方法を行う病院が増えてきていますが、先進医療は治療費も高く保険適用外の高額な医療費は自己負担となります。

がん特約ではがん保険と同様に診断や治療に応じてさまざまな給付金が支払われます。加入後90日以降にがんと診断されるとがん診断給付金、入院や手術が必要な場合は治療内容や入院日数に応じて入院・手術給付金、先進医療を受ける場合は先進医療給付金、そして保障期間中にがんで死亡した場合は死亡保険金を受け取ることができます。

がん特約のメリット

がん特約の大きなメリットは「がん」と診断されればスムーズに給付金が支払われる点です。脳卒中や心筋梗塞にかかった場合、3大疾病保障特約では60日以上の労働を制限されるなどの条件がありますが、がん特約の場合は「がん」と診断されれば診断給付金が支給されます。

がんを通院で治療する場合は治療費を予め支払う必要があり、また保険適用の還付を受けるには3ヶ月ほどの待ち時間があるので手元に現金があれば経済的な負担を大きく軽減することができます。

またがん特約は「がん」のみを保障するので保障内容がシンプルで保険料も安くなります。がん保険単体で加入するよりも特約の方が割安になるので、将来の見直しなども見据えて加入するとメリットがあります。

がん特約のデメリット

がん特約のデメリットは定期型の場合は掛け捨てなので貯蓄性がないという点です。共済にもがん特約がありますがこちらも掛け捨てタイプで、共済の月掛金に1,000~2,000円プラスされます。保険料や月掛金を無駄にしたくないという方は終身タイプのがん特約がある主契約を選ぶ必要があり、保険を選ぶ選択肢が限定されてしまいます。

また特約なので付加させている主契約を見直しする場合はセットで解約することにもなるので注意が必要です。改めて別のがん保険に加入する場合はどのような保険があるかを事前に調べておくのがおすすめです。

そして「がん特約」は保険会社によって保障内容が大きく異なるので注意しておきましょう。がん特約という名前でもがん診断給付金しかないものや、手術給付金が1回までなど回数が制限されているもの多いので、給付金の制限回数や最大入院日数などもよく確認しておきましょう。

がん特約のまとめ

  • 主契約にがん保険を特約として付加させる
  • がんと診断された場合にスムーズに給付金が支給されやすい
  • 保険料が割安になるメリットもあるが、見直しがしにくくなり保障内容も会社によって大きく異なる点に注意する必要がある

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加