賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 特約の種類 > 先進医療特約


先進医療特約

先進医療特約とはどのような特約なのでしょうか?特徴やメリット、デメリットなどについて解説しています。

先進医療特約とは

先進医療特約とは主に医療保険を主契約とした生命保険に付加させることができる特約で、病気や事故などで先進医療による治療を受ける場合に技術費用に応じて給付金が支給されます。

先進医療とは厚生労働大臣が認めた医療技術のことで、技術ごとに適応することができる病気やケガ(適応症)や先進医療を実施すことができる医療機関が定められています。先進医療に関係する治療に関しては全額負担、一般保険と同様の診察や投薬などに関しては各健康保険が適用できます。

先進医療特約は保険会社によって異なりますが最大で500~2,000万円までの先進医療に係る技術費が支給されます。この特約から給付金を受け取るためには以下の条件を満たすことが必須となります。

  • 厚生労働大臣が認めた先進医療技術であること
  • 先進医療技術ごとに定められた適応症であること
  • 先進医療技術ごとに定められた医療機関で治療を受けること

参考リンク
・厚生労働省:医療保険「先進医療の概要について
・アフラック:総合先進医療特約

先進医療特約のメリット

先進医療特約の最大のメリットは格安な保険料を上乗せするだけで高額な治療に備えられるという点です。先進医療特約は月々の保険料に100~200円程度をプラスするだけで付加させることができます。

がんの治療に使用される重粒子線治療の場合は1回あたり約300万円かかると言われており、他の先進医療の中には500万円以上の技術料がかかるものもあるので格安な保険料で大きな保障を受けられる先進医療特約は加入を検討する価値がある特約です。

保険会社によっては入院費や通院費も保障の対象としていたり、厚生労働大臣が認めていない自由診療の治療に関しても保障対象としている先進医療特約があります。特約をつける場合は給付金を受け取ることができる条件をよく確認するようにしましょう。

先進医療特約のデメリット

先進医療特約のデメリットは単体として主契約で発売されているものがないので、主契約として医療保険に加入する必要がある点です。医療保険を他の保険の特約や共済でカバーしている場合、気に入った先進医療特約を付加させようと考えると医療保障が重複したり保険の総統的な見直しが必要になることがあります。

また更新型の特約としている会社がほとんどなので、更新によって保険料がアップするリスクもあります。現在は先進医療の適用件数がまだまだ少ないですが、将来的に適用件数が増えていくと保険料もアップすることが考えられます。

保険会社によって先進医療の治療に対する給付回数も異なるので事前によく確認しておきましょう。同じ先進医療であれば1回までとしているところや、先進医療に該当するものであれは給付は1回までとしているところもあります。また治療を受けたい場合は先進医療の基準を満たす病院をまず見つける必要があるので、専門医を紹介してくれるサービスが付帯されているかもチェックしておきましょう。

先進医療特約のまとめ

  • 医療保険に付加させることができる先進医療を保障する特約
  • 500~2,000万円の技術費や通院・入院費用を保障
  • 格安な保険料で保障を手厚くできるので加入を検討する価値がある特約

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加