賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 特約の種類 > 歯科医療特約


歯科医療特約

歯科医療特約とはどのような特約なのでしょうか?特約やメリット、デメリットなどについて解説しています。

歯科医療特約とは

歯科医療特約とは、健康保険が適用できない「インプラント」や「ブリッジ治療」などを受けた場合に給付金が受け取れる特約です。主契約の医療保険に付加できるものや、先進医療特約の中に歯科医療保障が含まれているものもあります。

虫歯や歯周病などで歯が抜け落ちた場合、従来は指し歯や入れ歯などによる治療法が一般的でした。最近ではチタン合金製の支柱(インプラント)を歯骨に埋め込んでより頑丈な人工歯を形成したり、両隣りの歯を削って土台を作って橋渡し(ブリッジ)をするように人工歯を形成するものが増えてきました。

また歯並びを美しく見せるための歯列矯正やホワイトニングなどの審美歯科治療も増えてきています。しかしながら、これらの多くが公的健康保険の適用外となっているため患者への経済的負担は大きくなっています。

歯科医療特約のメリット

歯科医療特約を付加させるメリットは、保険対象外の高額な歯科治療に備えられるという点です。自由診療は10割が自己負担となり治療費も数十万円にもなることからも特約で治療費を給付してもらえると経済的な負担を軽減させることができます。

また単独で歯科医療特約を付加させる場合も先進医療特約の中に含まれている場合も保険料はごくわずかなので、少ない保険料で将来の歯科治療を保障することができるのも魅力の1つです。

歯科医療特約のデメリット

歯科医療特約のデメリットは取扱をしている保険会社が少ないという点です。そのため主契約も限定されるため、保険の最も大切な保障部分を担う主契約が限定されてしまうのがネックです。

またインプラントは先進医療の対象外となっているため、先進医療特約ではインプラント治療は給付の対象外となっています。歯科医療特約を付加させる場合は事前に保険会社の担当者から給付対象のケースについてよく聞いておくことが大切です。

定期タイプの特約であれば更新ごとに保険料が上がる可能性もあります。生命保険の見直しをする際は歯科医療特約も対象となるプランもありますが、ご自身のニーズも踏まえて検討するようにしましょう。

歯科医療特約のまとめ

  • 保険適用外の歯科治療に備えられる
  • 自由診療による歯科治療は高額になるため経済的な負担が少なくなる
  • 取り扱っている会社も少ないため主契約が限定されるのがデメリット

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険マンモスで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加