賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険選びのポイント > 自動車保険を見直すポイントとタイミング


自動車保険を見直すポイントとタイミング

自動車保険のかけ替えを考えておられる方に、内容について見直すポイントについて紹介しています。最適な保険内容に変えることによって、保険料を上手に抑えることも可能です。また自動車保険を見直すタイミングなども併せて解説しています。

対象運転者の見直し

保険の対象となる運転手を限定させることで保険料が安くなります。最も安いのは本人限定で、次に配偶者限定、家族限定、家族に限らない、という順番で保険料が高くなっていきます。

また運転手の年齢の設定を見直すことでも保険料を安くできます。35歳以上の補償が最も安くなり、次に30歳以上、26歳以上、21歳以上、全年齢対象という順番で高くなります。

注意しなければいけないのは、本人限定以外まで補償範囲を広げた場合は一番若い人の年齢が対象となります。ただし同居している家族が対象となるので、子供追加特約が付随されている保険であれば特約を利用した方が安くなる場合もあります。

車両保険の見直し

車両保険の種類によって保険料が異なりますので、必要な補償範囲を絞ることによって節約することができます。例えばエコノミー+限定Aタイプであれば、単独事故と当て逃げ以外の事故は補償されるので、普段から気をつけて運転されている方や新車購入直後の方におすすめです。

また、車両保険の免責金額の設定を変更することによって保険料を抑えることができます。免責1回目10万円の設定であれば、初回の事故でこちらの負担は10万までとなりますが、免責金額を0に設定するより保険料が安くなるのでお得です。

補償対象一般タイプエコノミー限定Aタイプエコノミー+A
単独事故×××
他車との事故×
当て逃げ×××
台風・洪水×
火災・爆発×
盗難×
落書き・いたずら×

その他見直し事項

他にも各種割引制度の適用や走行距離によっても保険料は異なってきます。ゴールド免許割引をはじめ、ABSやエアバッグなどの安全装置割引などがありますが、保険者が適用できる条件をクリアしているのに割引制度を利用していない方もおられます。

自動車保険にはさまざまな割引制度がありますが、保険会社によって適用の有無や内容が異なるので各社サービスの特徴を知っておくことが大切です。見直しを検討する際にはまず一括見積もりで比較検討してみるのがおすすめです。

保険の更新時

保険を見直す1つ目のタイミングは更新時です。自動車保険は1年間の契約期間になっていることがほとんどなので毎年更新の機会が訪れますが、その度に見直しやかけ替えの機会も訪れていることになります。

更新の時期を待つ理由として、1年間事故を起こさなければ等級が1つ上がるので前回よりも安い保険料で加入することができるようになります。現在ではネットで一括見積もりなどを申込むことによっていつでも保険料の比較ができるようになりましたが、見直すタイミングを間違えるとあまりメリットを享受することはできません。

新車購入時

2つ目のタイミングは新車を購入した場合です。この場合、以前乗っていた車を手放して新車に保険を引継ぐケース、古い車も手元に置いておき新車にはセカンドカー割引を適用させるケース、また新車に古い車の保険を引継がせ古い車にセカンドカー割引を適用させるケースがあります。

注意しなければいけないのは、保険の引継ぎには1週間のうちに新しい車へと引継ぎが行われないと等級がリセットされてしまうことです。契約の満期日から1週間を超えて納車日が設定されている場合は、保険会社に保険の中断手続きを行うようにしましょう。中断証明書があることで新しい保険に加入する際に以前の等級を引継ぐことができるので大切に保管しておきましょう。

また保険の入れ替えができるのは、車が増えた際や減った際に限られています。すでに存在している車同士で保険の入れ替えは原則的にできないことになっています。新車割引を適用してくれる保険会社もあるので、一括見積りサービスなどを利用してどの程度の割引になるか比較検討してみるのがおすすめです。

対象運転手が変わった時

3つ目のタイミングとして挙げらるのが、保険対象者に変更があった場合です。例えば同居している子供が独立して車を共用しなくなった場合や専用の車を購入した場合は、対象者から子供を外すことによって保険料を安くすることができます。この場合では子供特約を外すか、または年齢補償を35歳以上へと変更することによって節約につながります。

また同居している家族には保険の引継ぎが可能ですので、15等級など高い等級を年齢が若い運転手に引継がせることで保険料を節約することができます(家族間での等級の引継ぎ)。

反対に同居している子供や配偶者が免許を取得し、すでにある車を共用するというケースではさまざまな見直しが必要になってきます。対象年齢を全年齢補償へ、ドライバー限定を本人限定から家族限定へと変更する必要があります。このようなケースでも保険会社によって割引が異なるので一括見積りで比較検討するのがおすすめです。

保険を見直すポイント、タイミングのまとめ

  • 運転する対象者を限定することで保険料が安くなる
  • 車両保険の補償範囲や内容を見直すことにより保険料が変わる
  • 割引制度を活用するためにはまず一括見積りで情報を仕入れることが大切
  • 保険更新時は毎年訪れる見直しのチャンス
  • 新車購入時は保険のかけ替えと引継ぎの手続きに注意が必要
  • 被保険者に変更が生じた場合は一括見積もりで一番トクする保険会社を

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓