賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険選びのポイント > 見積もり書の読み方


見積もり書の読み方

自動車保険の一括見積もりサービスを利用すると見積もり書が送られてきます。見積もり書の読み方やここだけは外せないチェックポイントについて解説しています。

基本的な補償内容を確認

保険会社に見積もり依頼をすると希望に合った見積もりプランが記載された書類が送られてきます。また、インターネット上で入力を行うと簡単に画面上でシミュレーションが表示されますが、希望合わせたプランとともに節約プランや人気のプランも併せて表示される場合があります。

プラン名 節約プラン 希望プラン 人気プラン
対人・対物補償 無制限 無制限 無制限
○○補償 なし あり あり
△△特約 なし なし あり
保険料 100,000円 120,000円 140,000円

まずチェックしておきたいのは、対人・対物補償の保険金の設定です。交通事故で被害者への損害額は億を超えることも少なくないので、どちらの補償も無制限に設定されていることが望ましいです。

次にチェックしたいのは、搭乗者傷害保険、人身傷害保険、車両保険です。人身傷害保険については保険会社によって最初から付随しているところもあれば、オプションでの加入が必要になることもあるので注意が必要です。補償金額も1000万円~無制限と幅広く設定可能ですので、他社の保険料と見比べながら補償内容を決定するのが良いでしょう。

特約の有無を確認

基本的な補償内容を確認したら、次にチェックするのは特約の有無です。無駄な特約が含まれていないか確認するようにしましょう。更新の場合は既に廃車した手続きを済ませたバイク特約などが一緒に含まれていないか注意しておきましょう。

加入の判断が難しいのが弁護士特約です。交通事故によって損害賠償訴訟などの裁判までに発展したケースは弁護士費用を賄えるので便利ですが、裁判まで至るのは珍しいケースです。ただし、保険会社の特約内容によっては示談交渉が弁護士が行ってくれるものもあるので、トラブルに巻き込まれたくないという方には加入されるのがおすすめです。

保険料と支払い方法を比較

最後にチェックする項目が保険料と支払い方法です。必要な補償内容がほぼ定まった段階で、一括見積もりして得られた見積もり書を比較検討してみます。車種や運転手の年齢などによって見積もり内容は会社によって大きく異なるので、必ず一括見積もりをしておきましょう。

また、支払い方法はクレジットカード、現金一括、分割払いなどさまざまあり、また支払い方法によって割引が適用されるケースがあるので、総合的に補償内容と保険料を比較検討してみるのが失敗しない自動車保険の選び方です。

参考リンク
・All about:「自動車保険の見積もり法・見積書の見方

見積もり書の読み方

  • 必要な補償内容と特約が含まれているか、無駄な補償が含まれていないか確認する
  • 必ず一括見積もりを行って複数の保険会社から見積もり書を郵送を依頼する

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓