賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 子供追加特約


子供追加特約

自動車保険の子供追加特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのような場合に付けておくとお得になるのでしょうか?

子供追加特約とは

子供追加特約とは、記名保険者の子供を保険の対象者の中に含める特約です。例えば、18歳になった子供が親の所有する車を運転するようになった場合、親の自動車保険の特約として子供を運転手として追加するというものです。

子供追加特約のメリットは、保険の年齢制限を変えることなく若い世代の運転手まで補償の範囲を広げられることです。年齢制限を35歳以上補償から18歳も含まれる全年齢補償にまで範囲を広げると保険料はかなり大きくアップしてしまいますが、子供追加特約であれば現在加入している自動車保険に1万~2万円程度の保険料を追加するだけで補償範囲を増やすことができます。

年齢制限35歳以上補償+子供特約全年齢補償
保険料25,000円36,500円

※20等級の場合の目安

子供追加特約の条件

自動車保険に子供追加特約を付随させるためには、以下の条件を満たしていることが必須になります。

  • 記名保険者が個人であること
  • 対象となる子供が、記名保険者、または配偶者の子供であること
  • 運転者年齢条件が付帯されていること
  • 対象となる車が自家用8種であること
  • 対象となる車が子供特約の対象となる子供が所有する車でないこと
  • ノンフリート契約であること

会社が所有する車(記名保険者が法人)である場合や車を3台以上所有する場合のセミフリート、10台以上所有する場合のフリート等級の場合は子供追加特約を付随することはできません。また自動車保険の対象となる車が自家用の8種に限られていますが、一般的な車は適用の範囲に入っているので加入時に簡単に確認だけはしておきましょう。

子供追加特約の注意点

保険料も安くなりお得で便利な子供追加特約ですが、以下の場合は注意が必要です。

  • 運転者限定、家族限定特約との兼ね合い
  • 子供が主たる運転手になる場合

年齢条件によって補償範囲が限定されるのは、主たる運転手と同居家族に限られています。つまり別居している親族や友人などに運転を変わってもらい、その際に事故に遭ったとしても補償は適用されます。年齢条件に適合しない同居家族が運転して事故に遭った場合は、補償されないということになります。

しかし別居の未婚の子供に関しては子供追加特約はその性質から適用されないことになっています。それは年齢条件が規定するルールによって補償の範囲にすでに含まれているからです。また対象の子供が主たる運転手となる場合にも子供追加特約は適用の範囲外となります。

<<2015.9.1追記>>
子供追加特約を販売していた「SBI損保」「三井ダイレクト損保」「セゾン自動車火災(おとなの自動車保険」のうち、SBI損保と三井ダイレクト損保が2015年9月より取扱いをやめました。子供追加特約を希望される方はおとなの自動車保険の一択となるので、保険料や補償内容を保険相談サービスなどを利用して比較検討されることをおすすめします。

参考リンク
・セゾン自動車火災:「子供が運転してもうれしい」おとなの自動車保険

子供追加特約のまとめ

  • 年齢条件を変えるより子供追加特約を付随することげ保険料を抑えられる
  • 子供追加特約を付随させるためには条件をクリアする必要がある
  • 主たる運転手が同居する子供になる場合は、年齢条件を変更しないと保険が適用されなくなる

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓