賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 弁護士費用特約


弁護士費用特約

自動車保険の弁護士費用特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どんな場合に特約をつけてお得になるのでしょうか?

弁護士費用特約とは

弁護士費用特約とは保険加入者が運転中に交通事故に遭った場合に、弁護士に依頼して相手方との示談交渉を代行してくれるものです。なぜこのような特約が必要になっているのでしょうか。

実は交通事故の種類によって保険会社が示談交渉を代行できないケースがあります。それは自分に過失がなく相手が過失100%の場合の交通事故です。この場合はこちらが加入している保険会社から保険金が出ることはなく、相手方の保険会社または相手の自腹から損害賠償額を支払ってもらう形になります。

このように保険会社が過失ゼロの被保険者に対して保険金を支払わないケースでは、保険会社は示談を代行することができないと弁護士法によって定められているのです。相手がこちらが要求した損害賠償額を素直に支払ってくれれば問題ありませんが、交通事故の示談交渉は専門家でないと証拠集めや立証などはとても難しく、また交渉は時間も取られ面倒なものです。

弁護士費用特約の補償内容と保険料

上記のように相手方と保険会社を通さず直接示談交渉をしなくてはならない場合に役立つのが弁護士費用特約です。弁護士が保険加入者の代わりに相手方と示談交渉を代行してくれるので、こちらは手を煩わせることなく交渉を任せることができます。

実際には弁護士費用などに対して300万円を限度として保険会社から支払われることになります。対象となる弁護士費用は以下の通りです。

  • 弁護士(司法書士、行政書士)報酬
  • 訴訟費用
  • 調停・仲裁や和解に必要な費用
  • 相談費用

弁護士費用特約の保険料は年間数千円程度ですので、大きな事故に遭った際のリスクを下げるためにも特約の付随は検討しましょう。

弁護士費用特約の注意点

自分で示談を交渉するのはとても難しいと考えられます。自ら損害額を算定しや相手方、相手が加入する保険会社の担当者と何度も連絡を取り交渉しなければなりません。しかし保険会社の担当者は何度も交渉をしているプロですので、想定している損害額で合意することは簡単ではありません。そんな時に役立つのが弁護士費用特約です。

また保険会社によっては家族の交通事故や交通事故以外の日常生活のトラブルなどにも対象に含んでおり保険金が下りるところもあります。反対に交通事故の大きさによって特約の保険金が下りない会社もあるので、特約を付随する際にはどのような補償内容になっているか確認するようにしましょう。

参考リンク
・交通事故弁護士ナビ:「【弁護士が監修】弁護士費用特約のメリットと覚えておくべき使いどころ

弁護士費用特約のまとめ

  • 年間数千円の保険料アップで面倒な示談交渉を弁護士が代行してくれる
  • 保険会社によって補償内容が変わるので事前の確認が大事

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓