賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 他車運転危険担保特約


他車運転危険担保特約

他車運転危険担保特約とは一体どのような補償内容になっているのでしょうか?どのような場合に適用される特約なのでしょうか?

他車運転危険担保特約とは

他車運転危険担保特約とは、他人の車を借りて運転して事故を起こした場合、その損害賠償について借りた車にかけられた保険に優先して運転手が加入している自動車保険から保険金が支払われる特約です。

例えば運転手Aが友人Bの車を借りて事故を起こした場合、友人Bが所有している車にかけている任意保険を使えば保険金が下りますが、保険を使えば等級も下がりますし友人Bに迷惑をかけてしまいます。このような場合に、運転手Aが加入している自動車保険を使って損害賠償金を支払うのが他車運転危険担保特約です。

通常は任意保険に加入していれば自動的に付帯されます。

他車運転危険担保特約の補償内容

他車運転危険担保特約が適用されるにはいくつかの条件を満たしている必要があります。まずこの特約が対象となる人は以下に当てはまる方のみです。また自家用8種に該当する車種を運転していた場合が対象となります。

  • 1.主な運転手(記名被保険者)
  • 2.1の配偶者(内縁を含む)
  • 3.1または2の同居親族
  • 4.1または2の別居している未婚の子

またこの特約の補償内容は運転手が加入している自動車保険の補償内容が適用されることになります。対人・対物補償は特約を付けている保険の補償内容で、自損事故傷害は人身傷害保険を付けていない場合は自損事故傷害保険が適用されます。

借りた車の修理などに対しては特約をつけている自動車保険の車両保険が、借りた車によって損害を与えた相手方の車の修理に対しては対物補償が適用されることになります。そのため加入している車両保険が限定タイプの場合、当て逃げや単独事故での補償が適用されないので注意が必要です。

他車運転危険担保特約の注意点

他社運転危険担保特約の補償が適用されないケースがいくつかあるので、条件を理解しておくことが大切です。適用されないケースは以下の通りです。

  • 記名被保険者および親族が所有する車、常時使用する車を運転していた場合
  • 所有者の許諾を得ずに運転していた場合
  • 業務のために運転していた場合
  • 記名被保険者が役員である法人が所有する車を運転していた場合

業務中の事故に関しては法人が補償することになっているので、他車運転危険担保特約を使うことはできません。また、事故に対する補償は運転手と車の所有者がそれぞれ責任を負うことになっています。そのため、所有者の承諾なく運転した場合は運転手のみが賠償の責任を負うことになりますので、勝手に借りた車に対して補償範囲が及ばなくなります。

また他の特約などと同じように、飲酒運転などの危険な運転をしていた際の事故に関してこの特約が適用されることはありません。

参考リンク
・イーデザイン損保:「他車運転危険補償保険

他車運転危険担保特約

  • 他人が所有する車を運転して事故に遭った場合、自分が所有する車にかけていた自動車保険を使うことができる特約
  • 他車運転危険担保特約が適用されるためにはいくつかの条件を満たしていることが必要

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓