賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 車両無過失事故特約


車両無過失事故特約

自動車保険の車両無過失事故特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのような条件を満たせば適用されるのでしょうか?

車両無過失事故特約とは

運転中に他人が運転する車にぶつけられ車が壊れてしまった場合、こちらにまったくの過失が無ければ相手にその損害の100%を請求することができます。しかし、相手が任意保険に入っていない場合はどのようになるのでしょうか?

自賠責保険では対人のみにしか補償が及びませんので、加害者が任意保険に入っていない場合の物損に対する補償は相手の資産から支払ってもらうことになります。しかし、相手が支払いに応じない場合はこちらが泣き寝入りしてしまわないといけません。また示談交渉や訴訟に多大な手間や費用がかかってしまいます。

任意保険の加入率は約7割強ですので、公道を走っている4分の1の車は任意保険に加入していない車ということになります。任意保険に未加入の車にぶつけられたような場合に役に立つのが車両無過失事故特約です。

やむを得ずこちらが加入している車両保険を使って車を修理することは可能ですが、車両保険を使うと3等級ダウンしてしまうので保険料が高くなってしまいます。そこで、車両無過失事故特約が付帯されていると、相手が100%過失の場合に限って等級をダウンさせることなく車両保険が使えます。

車両無過失事故特約の補償内容

通常、車両保険に入っていれば車両無過失事故特約は自動的に付帯されます。補償内容は加入している車両保険と同じになっています。ただし車両無過失事故特約が適用されるためには、以下の条件を満たしていることが必要です。

  • 契約している車以外の自動車との接触、衝突事故であること
  • 事故が発生した時に契約者(被保険者)の過失がゼロであること
  • 加害者の特定、加害者が運転している自動車の登録番号、所有者の氏名・住所が確認できていること

車両保険はこちらに過失がある場合や相手がいない自損事故などに使えますが、車両無過失事故特約は相手が保険未加入の場合にも修理代をもらえるのでメリットがある保険なので、新車を購入した1年目などは大切な車を守るためにも加入を検討してみてはいかがでしょうか。

また対物賠償保険に加入している人は全国でおよそ8割ぐらいですが、沖縄や鹿児島では対物賠償保険の未加入率が2~3割だと言われています(2015年の調査)。そのため未加入率が多い地域ではこの特約を付帯させておく方が安心です。最近では自動車保険も取り扱っている保険相談サービスも増えてきているので、キャンペーンを実施している保険相談で無料アドバイスを受けられることをおすすめします。

参考リンク
・あいおいニッセイ同和損保:「車両保険無過失事故特約はどのような特約ですか?

車両無過失事故特約の補償内容のまとめ

  • 保険契約者が無過失で車両に損害を受けた場合、等級をダウンさせずに車両保険が使える特約
  • 車両保険に加入すれば自動的に付帯される

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓