賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 車両全損修理時特約


車両全損修理時特約

自動車保険の車両全損修理時特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのような場合に適用されるのでしょうか?

車両全損修理時特約とは

車両全損修理時特約とは、契約している車が事故に遭い修理が必要になった時、車両保険に設定している金額を修理代が上回った場合に不足分を補償してくれる特約です。通常、不足分の限度額は50万円までとなっています。

例えばAさんは保険金額を30万円に設定した車両保険に加入し、車両全損修理時特約も付帯させました。Aさんが保険対象の車を運転中に事故に遭い修理が必要となりましたが、修理代の見積りを出したところ50万円が必要だと言われました。

Aさんが車に愛着があり修理を希望する場合、車両保険から30万円+車両全損修理時特約から20万円の合計50万円が保険金として支払われることになります。廃車を希望する場合は車両保険から30万円のみが支払われることになります。

車両全損修理時特約の補償内容

車両全損修理時特約の補償は車両保険に設定していた金額を上回る修理費用に対して行われ、その限度額は50万円となっています。またこの特約が適用される対象の車は、登録時から25ヶ月を超えた車両に限られています。

故障の状態が修理不可能でもこの特約の対象となります。また保険会社によっては盗難により対象の車両が失われた場合でも、車両全損修理時特約を適用できるところもあります。

登録から25ヶ月以下の比較的新しい車に対しては、車両新価特約を適用させることができます。新車取得費用担保特約をつけていれば、廃車を選択した場合に契約時に設定していた金額を新車購入費用に充てることができます。

車両全損修理時特約の注意点

車両全損修理時特約は事故に遭った対象の車両が実際に修理されていることが条件となります。そのため保険金の請求手続きとして見積書や実際に修理された証明書の提出が求められます。

また以下の場合には車両全損修理時特約が適用されない保険会社があるので、加入時に約款などで適用条件を確認しておきましょう。

  • 無免許運転や酒気帯び運転などで起きた事故による損害
  • 地震、噴火、津波などによる損害
  • 故障による損害
  • 詐欺または横領による生じた損害

参考リンク
・三井住友海上:GKクルマの保険「お車の補償

車両全損修理時特約のまとめ

  • 修理代が評価額を超える場合(全損)、その不足分を補償してくれる特約
  • 適用されないケースがあるので、事前に適用条件を確認しておく

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓