賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 車両新価(新車取得費用担保保険)特約


車両新価(新車取得費用担保保険)特約

自動車保険の車両新価(新車取得費用担保保険)特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのような場合に適用される特約なのでしょうか?

車両新価特約とは

車両新価特約とは、新車を購入して事故に遭い修理をせず新しく車を買い直した場合、契約している車の新車相当価格を補償してくれる特約です。ただし、修理代が車両保険に設定している補償額を上回る(全損)か、新車相当価格の50%以上であることが条件です。

例えばAさんが80万円で新車を購入し、車両新価特約をつけた車両保険に加入したとします。そして保険の対象となる車を運手中に事故を起こし車を大破させてしまいました。修理代を見積りしたところ50万円が必要だと言われたので、車両新価特約を利用して新しく車を買い直すことができました。この場合は車両保険として50万円、新車を購入する際に必要な30万円が車両新価特約として支払われることになります。

軽微な事故で修理代が30万円の見積りになった場合、新車の価格(新価)の50%以上にならないので車両新価特約は使えず、車両保険を使って修理することになります。

車両新価特約の補償内容

車両新価特約の補償は、保険をかける車の新車の価格(新価)を限度にして支払われます。先ほどの例だと80万円を限度に保険金が支払わることになります。保険会社によっては再取得時諸費用も保険金に加えて支払ってくれるところもあります。

またこの特約は初度登録年月から25ヶ月以内の新しい車を対象に付帯させることができます。25ヶ月以降の特約には車両全損修理時特約をつけることができます。

登録2年目以降は保険対象の車の時価が下がっていくので、25ヶ月目までは補償金額が手厚くなっていく特約です。先ほどの例だと修理代として同じ事故による故障だとしても年落ちしている分が計算されて40万円の修理代金となり、新車を購入するための差額である40万円が支払われます。車両全損修理時特約の場合は新車の方が保険の価値は上がりますが、この特約の場合は20~25ヶ月あたりが保険の価値が最も高くなります。

車両新価特約の注意点

車両新価特約を使って保険金を支給してもらうには、新車を実際に購入することが条件となっているので購入の証明書などの提出が求められることがあります。また、車両全損修理時特約と異なり盗難された場合に適用されないケースもあるので注意が必要です。

以下のような運転をしていた場合や自然災害などによる修理には対応していないので、保険会社の約款などを確認しておきましょう。

  • 盗難によって生じた損害
  • 無免許運転や酒気帯び運転などで起きた事故による損害
  • 地震、噴火、津波などによる損害
  • 故障による損害
  • 詐欺または横領による生じた損害

参考リンク
・価格コム:新車特約(車両新価特約)とは?

車両新価特約のまとめ

  • 初度登録年月から25ヶ月以内の車を対象に、新車の価格相当の再取得費を目的に保険金を支払ってくれる
  • 修理代が新車相当価格の50%以上であることが適用条件

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓