賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 代車費用担保特約


代車費用担保特約

自動車保険の代車費用担保特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのような場合に適用される特約なのでしょうか?

代車費用担保特約とは

代車費用担保特約とは、自動車保険の契約対象の車を運転している際に事故に遭い、車を修理工場へ預けている期間に借りたレンタカーの費用を補てんしてくれる特約です。通勤などで車を使用される方や親族や友人から車を借りられない場合などに便利な特約です。

代車費用担保特約は保険会社によって名称が異なり、事故代車費用担保特約、代車提供特約、レンタカー費用補償特約、代車費用特約、事故・故障代車費用保険などと呼ばれています。

代車費用担保特約の補償内容と保険料

代車費用担保特約は、保険会社が所有している代車を無料で貸し出してくれるものとレンタカーなどの費用を補償してくれるものがあります。レンタカーの費用として補償するものは、1日の限度額を5000円,7000円,10000円の中から選べる保険会社が多く限度額の大きさにより保険料が変わってきます。

また多くの保険会社では代車費用担保特約を使ってレンタカーの費用として補償できるのは30日分までとなっており、実使用日数の分だけ保険金が支払われます。総額として30万円を限度額として定めているところもあります。

保険料の目安ですが、1日5000円の設定で年間+4000円程度、1日10000円の設定で+10000円程度となっております。

代車費用担保特約の注意点

無料で代車を貸してくれるロードサービス付きの自動車保険もあるが、代車が全て貸出中の場合などは利用できないことがあります。日常生活で必ず車を使用することがあり、車がないと大きな支障が出る場合は代車費用担保特約を付帯させておくのがおすすめです。

代車費用担保特約のまとめ

  • 保険対象の車両が修理に出された場合、レンタカー費用を補償してくれる特約
  • 契約時に1日の限度額を設定する必要があり、限度額を増やすと保険料も上がる
  • 代車費用担保特約が無くても無料サービスとして保険会社が代車を貸してくれることも

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓