賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 対物全損時修理差額費用(対物超過)特約


対物全損時修理差額費用(対物超過)特約

自動車保険の対物超過特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのようなケースで付帯させておいた方がお得になるのでしょうか?

対物全損時修理差額費用(対物超過)特約とは

対物全損時修理差額費用(対物超過)特約とは、運転中の事故により相手の車や物を壊してしまった場合に備える特約です。このような場合、通常は対物補償により保険金が支払われることになりますが、対物保険は車の時価(評価額)までしか補償してくれません。

例えば事故を起こしてしまい、車両の修理代が150万円がかかると請求されました。時価が100万円の車であれば対物保険からは100万円が補償されることになります。しかし、不足分の50万円は自腹を切って賠償しなくてはなりません。

対物全損時修理差額費用(対物超過)特約をつけていれば、時価を超える修理代などに対して補償されます。もしもの場合に備えて加入されている方も多くいらっしゃいます。

車の時価修理代過失割合保険金
特約なし100万円150万円100:0対物保険:100万円
対物超過特約:0円
特約あり100万円150万円100:0対物保険:100万円
対物超過特約:50円
特約あり100万円150万円50:50対物保険:50万円
対物超過特約:25円

保険会社によっては対物全損特約、対物超過修理費用特約などの特約名で販売されているところもあります。

対物全損時修理差額費用(対物超過)特約の補償内容

対物全損時修理差額費用(対物超過)特約は、対物保険で補償される保険金の不足額(差額)50万円を限度にして補償されるものと、無制限に設定されているものがあります。差額が50万の場合、不足する差額に関しては自腹で賠償しなければいけません。

またこの特約の補償を受けられるのは以下の人に限られます。

  • 1.主に運転される方(記名被保険者)
  • 2.1の配偶者(内縁を含む)
  • 3.1または2の同居親族
  • 4.1または2の別居している未婚の子
  • 5.1の承諾を得て車を使用、管理中の人
  • 6.1の使用者

対物全損時修理差額費用(対物超過)特約の注意点

この特約では過失割合に応じて支払われる保険金が変わります。こちらの過失が50%であれば対物保険から50%、対物超過特約から50%修理代として支払われます。先ほどの例であれば合計75万円が支払われることになりますが、相手がこちらに請求する金額も75万円となるので自腹を切ることはありません。

また以下の自然災害などによる場合は特約の適用から外れることもあるので、保険会社に事前に確認されることをおすすめします。

  • 台風、洪水、高潮、地震、噴火、津波によって生じた損害

参考リンク
・Yahoo!知恵袋:「対物超過修理費用特約について質問です!

対物全損時修理差額費用(対物超過)特約のまとめ

  • 時価(評価額)を超える不足分に対して補償してくれる特約
  • 過失割合によって特約の補償額が減額される
  • 適用される人、事故が決められているので事前に確認が必要

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓