賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 車内身の回り品担保特約


車内身の回り品担保特約

自動車保険の車内身の回り品担保特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのようなケースでこの特約はお得になるのでしょうか?

車内身の回り品担保特約とは

車内身の回り品担保特約とは、車に積んでおいた荷物や携行品が事故で壊れてしまった場合にその損害額を補償してくれる特約です。事故により壊れてしまった場合はもちろん、保険会社によっては事故を伴わない故障にも対応してくれるところもあります。

例えば、スキー旅行へ向かう途中に事故に遭い、車に積んでいたスキー用品が壊れてしまったとします。このような場合にスキー用品の時価(評価額)に対して特約から保険金が支払われます。また旅行中に車内に載せていた物が盗難に遭った場合でも補償されます。

保険会社によっては、身の回り品補償特約、財物損害特約などの名前で販売されているところもあります。

車内身の回り品担保特約の補償内容

車内身の回り品担保特約では、個人が所有する日用品を対象として補償される特約になっています。そのため、販売・営業を目的として使う品物に関しては補償の範囲外となっているので注意が必要です。例えば宝石・貴金属、植物・動物などは補償されません。

補償は対象の物品の修理代に対して支払われます。修理が出来ない場合は時価(評価額)に対して支払われるのですが、設定金額として10~100万円までと幅広く設定できるので、必要に応じて保険金を調整するのがおすすめです。

またこの特約を使っても等級には影響しないので、保険料を抑えながらリスクに備えたいという方にもおすすめできる特約です。

車内身の回り品担保特約の注意点

この特約では1事故につき5000円ほどの自己負担額があらかじめ設定されているのが通常ですので、1万円ほどの修理代であれば5000円程度の保険金が下りることになります。

またこの特約は車両保険に付帯されているものがほとんどなので、車両保険が適用されないケースではこの特約による補償を受けられないことがあります。以下のものも補償の対象外となっているので、事前に保険会社に確認されておくことをおすすめします。

  • 車載身の回り品の自然消耗によって生じた損害
  • 通貨、有価証券、預金証書などの金券類
  • キャリア(対象車両)に固定されていた車載身の回り品の盗難による損害

車内身の回り品担保特約のまとめ

  • 車に積んでおいた日用品の故障、盗難による損害を補償してくれる特約
  • 保険会社によって10~100万円の間で保険金を設定できる
  • 1事故あたり5000点程度の免責金額が設定されており、現金や貴金属は補償されない

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓