賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 携行品損害補償特約


携行品損害補償特約

自動車保険の携行品損害補償特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのようなケースの場合にお得になる特約なのでしょうか?

携行品損害補償特約とは

携行品損害補償特約とは家の敷地外で起こった事故によって、被保険者の持ち物が損害を被った場合に補償してくれる特約です。例えば運動会や旅行先でデジカメを不意に落としてしまい壊してしまった時などにその時価(評価額)を補償してくれます。

保険会社によって補償される品物の種類が細かく定められていますが、車内身の回り品担保特約とは異なり携行品損害補償特約では現金や貴金属も補償対象に含まれているのが特徴です。

携行品損害補償特約の補償内容

携行品損害補償特約では個人が所有する品物に生じた損害に対して補償されますが、損害が生じた場所が契約者が居住する自宅の敷地外であることが必要条件となっています。また保険金は30~100万円の間で設定を決められるものと、保険会社によってあらかじめ決められているものがあります。

自動車保険に加入している記名被保険者本人のみならずその家族にまで補償範囲を広げることができますが、対象者の所有物が補償対象となるので、他人から借りたものが壊れた場合などは保険金が下りないので注意が必要です。

携行品損害補償特約の注意点

この特約ではあらかじめ3000円ほどの自己負担額(免責額)が定められていることがほとんどです。また適用対象となる品物と対象外の品物が細かく定められているので、あらかじめチェックしておきましょう。

例えば、デジカメやビデオカメラは補償の対象に含まれていますが、携帯電話やパソコンは補償の対象外となっていることが多いです。また現金や貴金属は補償の対象に含まれていますが、有価証券や貯金通帳などは補償の対象外となっているので、似たようなものでも対象となるものとならないものがあるので注意が必要です。

    補償対象の一例

  • デジカメ、ビデオカメラ
  • その他(日常生活や旅行中に所有動産に生じた損害)
  • 補償対象外の一例

  • パソコン、携帯電話(スマホ、タブレットなども)
  • メガネ、コンタクトレンズ
  • 自動車、原付バイク、自転車、サーフボード
  • クレジットカード、プリペイドカード、有価証券、預貯金
  • 動物、植物

また以下の場合はこの特約が適用されない場合があるので、事前に保険会社に確認されることをおすすめします。

  • 保険契約者(または対象者)の故意または重大な過失よる損害
  • 置き忘れまたは紛失による損害
  • 自然消耗による損害
  • 電気的事故または機械的事故に起因する損害

この特約は火災保険やクレジットカードで付帯できるものもあるので、補償内容が重複していなか注意しましょう。損害保険の場合は補償が重複していても保険金を受け取れるのは損害分だけなので、無駄な保険料を支払っていることになります。保険のベストな組み合わせについて知りたい方は一度保険相談サービスを利用してみましょう。

参考リンク
・東京海上日動:「携行品・賠償・費用に関する補償

携行品損害補償特約のまとめ

  • 自宅の敷地外で起こった所有物の損害に備えられる特約
  • 現金や貴金属も補償の対象となっている
  • 補償の対象外となる品物について確認しておくことが大切

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓