賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > ペット補償特約


ペット補償特約

自動車保険のペット補償特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのようなケースに適用される特約なのでしょうか?

ペット補償特約とは

ペット補償特約とは、保険をかけている車にペットを載せて運転中、事故によってペットが死傷した場合に定額の治療費などの保険金が支払われる特約です。記名被保険者がペットと同時に死傷した場合にのみ適用されます。

例えばペットを載せて車で旅行中に事故に遭い、助手席に乗せていた犬が亡くなってしまいました。この時運転していた被保険者が無傷であった場合、ペットが亡くなった場合でも葬祭費用などの保険金が支払われることはありません。

保険会社によってはペットプラス、ペット補償担保特約、くるまるペットくんなどの特約名で販売されているところもあります。

ペット補償特約の補償内容

ペット補償特約の補償内容は保険会社によって設定が異なるので事前に確認しておきましょう。基本的にペットがケガをしたり亡くなった場合に補償が受けられます。

保険会社 特約名 補償内容 保険料(年間)
アクサダイレクト ペットプラス 治療費用10万円
ペットによる損害賠償3000万円
(示談交渉付き)
1,050円
共栄火災海上保険 くるまるペットくん 治療費用5万円
葬祭費用10万円
ペット入院費用10万円
800円
アメリカンホーム
ダイレクト
ペットサポート 治療費用5万円
ペットシッター費用5,000円/日

アクサダイレクトのペットプラスでは、ペットが他人にケガをさせたりいたずらで物を壊してしまって賠償責任を負った場合、最大3000万円までを補償してくれる便利な特約です。しかも年間の保険料は1,050円のみアップするだけなので、安心して散歩を楽しみという方にもおすすめです。

ペット補償特約の注意点

この特約で注意しなければいけないのは、ペットの種類が犬・猫に限定しているところです。犬・猫以外のペットは補償の対象外となることがほとんどですので、特約の加入前に約款などを確認しておくことをおすすめします。

また、記名被保険者が同時に人身傷害保険が適用されるケガなどを負った場合にこの特約が適用されます。重大な過失を伴う運転中に起こした事故では人身傷害保険が適用されませんので常日頃から安全運転を心がけましょう。

ペット補償特約のまとめ

  • 運転中にペットを乗せていた場合のケガを補償してくれる特約
  • 治療費・葬祭費用のほか、他人をケガさせた場合なども補償してくれるものも
  • ペットの種類は犬・猫に限られ、被保険者が同時に人身傷害保険が適用されるケガを負う場合のみペット補償特約が適用される

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓