賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 自転車特約


自転車特約

自動車保険の自転車特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?どのようなケースに備えられる特約なのでしょうか?

自転車特約とは

自転車特約とは、自転車で走行中に事故に遭い死傷した場合に定額の保険金を受け取れる特約です。例えば、自転車を運転している時に他人が運転している自転車とぶつかり後遺障害を負った場合、この特約から保険金(程度に応じて20~500万円)を受け取ることができます。

保険会社によっては、自転車傷害特約、自転車事故補償特約、自転車運転者損害賠償責任補償特約などの名前で販売されているところもあります。また自動車保険に付帯させる特約としてではなく、自転車保険として単体で販売している保険会社もあります。

自転車特約の補償内容

各社共通の自転車特約の補償内容は、被保険者が自転車の走行中に自分が負ったケガに対する補償です。ただし、被保険者が死亡、後遺障害を負った場合、入院した場合にのみこの特約が適用されることになります。

また、自転車走行中の事故により相手を死傷させてしまった場合や物を破壊して損害を与えてしまった場合に、自転車特約によって自動車保険にかけていた対人・対物の同じ内容で補償される保険会社と、対人・対物補償が適用されない保険会社があります。対人・対物補償が適用されない自転車特約を販売している会社では、対人・対物補償をカバーする個人賠償責任特約を付帯させられるところが多いです。

保険・特約名 人身傷害保険 自転車特約A 自転車特約B
被保険者の死傷
対人・対物補償 × ×
入院補償
通院補償 × ×
盗難 × ×

さらに保険会社によっては大切な自転車が盗難に遭った場合にその損害額を補償してくれるところもあるので、加入する際にどのような補償内容になっているか約款をチェックするようにしましょう。

この特約の対象者は以下の通りになっています。

  • 1.記名被保険者
  • 2.1の配偶者
  • 3.1の同居親族
  • 4.1の別居している未婚の親族

三井ダイレクトなど保険会社によって自動車保険に自動付帯される自転車特約を販売している保険会社もあります。

自転車特約の注意点

自転車特約の注意点は、保険会社によって補償範囲や適用条件が異なるので確認することが大事です。特に対人・対物補償が補償範囲になっている自転車特約であるかは必ずチェックしておくようにしましょう。

最近では不幸にも子供が自転車事故で他人を死亡させてしまい、高額な賠償金を請求されるということも増えました。また2013年12月の道路交通法の改正により、自転車は進路方向に向かって右側の歩道を走行できなくなり、自動車と同じ左側を走行しないといけなくなりました。

これにより車と接触する機会も増えましたが、車が任意保険に入っていない場合はこちらが想定している賠償額を受け取れないということもあります。小さな子供がいるご家庭では加入を検討されるのがおすすめです。

また最近では生命保険の個人賠償責任保険(特約)や単体で自転車保険に加入される方も増えてきています。ただし注意しなければいけないのが補償範囲や内容が重複していると保険料が無駄になるだけではなく、損害保険の場合は補償が重複していても1つの保険会社からしか補償を受けられないという点です。

例えば、損保会社A(自動車保険)、損保会社B(火災保険や生命保険など)でそれぞれ自転車特約の補償300万円をつけていた場合、200万円の損害補償をうけられるケースでは損保Aか損保Bいずれか1つからしか200万円を受け取ることができません。

このようなケースを避けるためにも、保険に関するトータルアドバイスを無料で受けられる保険相談サービスを利用されることをおすすめします。

参考リンク
・au損保:「自転車保険ならBycle(バイクル)

自転車特約のまとめ

  • 走行中に被保険者が死傷した場合に保険金を受け取れる特約
  • 対人・対物補償が含まれているかは保険会社によって異なる
  • 子供が自転車を運転する場合、対人と対物補償がセットされている自転車特約を

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓