賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の特約 > 個人賠償責任特約


個人賠償責任特約

自動車保険の個人賠償責任特約とはどのような補償内容になっているのでしょうか?またどのようなケースに適用される特約なのでしょうか?

個人賠償責任特約とは

個人賠償責任特約とは、運転中以外の事故によって他人を死傷させたり、他人の所有物に損害を与えた場合に保険金を支払ってもらえる特約です。

例えば、自転車を運転している時に不注意で他人が運転する自転車とぶつかってしまいました。自転車を運転していた相手が入院が必要なケガを負い、また相手の自転車も全損して修理が不可能となってしまいました。このような場合に個人賠償責任特約を自動車保険に付帯させておくと手厚い補償が受けられるので安心です。

保険会社によっては個人賠償責任補償特約、または個人賠償保険という単体の保険として販売されているところもあります。

個人賠償責任特約の補償内容

個人賠償責任特約の補償内容は、対人・対物補償を無制限に設定しているところがほとんどですので、賠償額が大きい事故にも対応できるのが大きなメリットです。また、保険会社によっては示談交渉代行サービスも付いているところがあるので安心です。

  • 対人・対物補償・・・無制限(海外は1億円まで)
  • 示談交渉サービスあり
  • 保険料・・・500~1,200円

この特約で補償の対象となるのは、記名被保険者とその家族になります。家族には配偶者、同居している親族、別居している未婚の子も含まれるので、一人暮らしをしている大学生の子供や自転車で通学されている学生の子供をお持ちのご家族におすすめの特約です。飼っているペットが他人をケガさせた場合も補償されます。

しかも、保険料は1年間で500~1,200円と非常に低価格に設定されており、少ない保険料で大きなリスクに備えられる費用対効果の高い特約内容となっています。自転車特約の中には対人・対物補償を範囲外としている保険会社もあるので、補償範囲について確認しておきましょう。

個人賠償責任特約の注意点

この特約が適用されるためには、記名被保険者または家族に故意・重大な過失がないことが条件となっています。

また「生命保険」や住宅にかける「火災保険」、そして最近話題の「自転車保険」や「旅行保険(国内、海外とも)」においても同じ補償内容で個人賠償責任特約がセットされていることもあります。

自動車保険に個人賠償責任特約を付けた場合は補償内容が他の保険と重複していることもよくあるので、新しく保険に加入したり反対に解約する場合は補償内容をが重複していないか無くなっていないか保険相談サービスを利用されるなどして確認されることをおすすめします。

参考リンク
・AIU保険:「家族傷害保険 個人賠償

個人賠償責任特約のまとめ

  • 自動車の運転中以外の対人・対物補償を行ってくれる特約
  • 本人、家族、ペットによる損害を低い保険料で幅広くカバー
  • 火災保険の中にも同じ特約があるので、重複していないかチェックする

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓