賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の基礎知識 > 自賠責保険の支払い基準、過失割合による減額


自賠責保険の支払い基準、過失割合による減額

自動車事故でケガや後遺障害を受けた場合には、自賠責保険からはどのような方法で慰謝料が計算されるのでしょうか?また支払いの基準にはどのようなものがあるのでしょうか?また自賠責保険の補償額はどのような場合に減額されるのかなども解説しています。

自賠責保険の支払い基準

事故によるケガで病院に通院したりする場合には、加害者の自賠責保険から入院費や治療費が支払われることになります。限度額はケガの場合は120万となっていますが、ケガや治療内容などによって計算方法が定められています。

またケガなどにより会社へ行けなくなり収入が無くなった場合にも、休業補償という名目で慰謝料が充てられることになります。

費目 内容 支払い基準
治療費 応急手当費、診察料、入院料、投薬料、手術費など 必要かつ妥当な額
看護費 入院中の看護料
自宅看護、通院看護
1日につき4100円
1日につき2050円
通院交通費 通院に要した交通費 必要かつ妥当な額
諸雑費 入院中の諸雑費 入院1日あたり1100円
義肢などの費用 義肢、歯科補鉄、義眼、メガネ、補聴器、松葉杖などの費用 医師が認めた必要かつ妥当な実費
診断書などの費用 診断書、診療報酬明細書などの発行費用 必要かつ妥当な額
文書料 交通事故証明書、印鑑証明書などの費用 あり
治療費 応急手当費 必要かつ妥当な額
休業損害 事故による傷害のために発生した収入の減少 1日5700円~19000円
慰謝料 精神的・肉体的な苦痛に対する補償 入院1日につき4200円

費目をすべて合計して120万円で収まるのであれば自賠責保険から全額支払われることになりますが、超過した金額については相手に請求することになります。任意保険に加入している場合は任意保険を適用して支払われることがありますが、相手が任意保険に加入していなかったり、補償対象から外れているケースなどでは直接相手に請求することになります。

120万円を超過した分に関しては任意保険の支払い基準で慰謝料が計算されることになります。

自賠責基準、任意基準、裁判基準の違い

自賠責保険による補償では自賠責基準によって慰謝料が計算されますが、超過した分に関しては大きく分けて任意基準と裁判基準によって計算されることになります。

任意基準とは損害保険会社によって作成された慰謝料計算方法です。補償額は保険会社によって異なり、また事故のケースバイケースによって算出される方法があいまいになることも多いようです。補償額は自賠責基準よりも多く、裁判基準よりも少なくなっています。

裁判基準で慰謝料を計算するためには弁護士を雇って裁判を起こす必要があります。弁護士を雇うことによって実際に裁判には至らず、保険会社との交渉の過程で示談になるケースも多いようです。この場合に想定する基準は裁判基準となるので、自賠責基準で交渉するより高い慰謝料を受け取れる可能性があります。

後遺障害(級) 自賠責基準 任意基準 裁判基準
1級 1100万円 1050~1700万円 2800万円
5級 599万円 580~900万円 1440万円
10級 187万円 184~260万円 530万円
14級 32万円 32~45万円 110万円

自賠責保険の過失割合による減額

自賠責保険は被害者を保護するという目的で作られているという点で、重大な過失がない限り補償額が減額されることはありません。ただし重大な過失が被害者にあると認められた場合は、過失割合に応じて補償額が減額されることになります。

過失割合は過去の交通事故の裁判の判例を元にして、一定の認定基準が設けられています。例えば、横断歩道を点滅信号(黄色)で渡っている歩行者と青信号の交差点を左折した自動車の事故の過失割合は、歩行者30%:自動車70%となっています。この場合の被害者が歩行者の場合は全額が、自動車の運転手が死亡した場合は20%の減額となります。

被害者の過失割合 減額割合
死亡または後遺障害 ケガ
70%未満 減額なし 減額なし
70%以上 ~ 80%未満 2割減額 2割減額
80%以上 ~ 90%未満 3割減額 2割減額
90%以上 ~ 100%未満 5割減額 2割減額

自賠責保険が適用されないケース

注意して上の表を見ていただきたいのですが、被害者の過失割合が100%の場合は自賠責保険から保険金を受け取ることはできません。これは自動車損害賠償保障法(自賠法)3条但し書きにも、自賠責保険が免責とされることが明記されています。

また、被害者が既往症などの病気を患っており、交通事故によって死亡または後遺障害が発生したのか、病気によって死亡または後遺障害が発生したのか原因が不明な場合は、自賠責保険の賠償額は5割の減額となります。

なお傷害による損害額が減額により20万円以下となる場合は補償額は20万円となります。このように自賠責保険は一概に満額を受け取ることができるわけではないので、交通事故のケースによって減額割合や適用・不適用が決定されます。

自賠責保険の過失割合による減額のまとめ

  • 自賠責保険として支払われる慰謝料には決められた基準がある
  • 慰謝料の計算方法は、自賠責基準<任意基準<裁判基準の順に高くなる
  • 被害者の過失割合によって補償額が減額されることがある
  • 被害者に100%の過失がある場合、自賠責保険は適用されない
  • 過失割合は過去の判例に基づく認定基準によって決められる

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓