賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の基礎知識 > 自賠責保険の加入、更新方法と保険料、罰則


自賠責保険の加入、更新方法と保険料、罰則

加入が義務付けられている自賠責保険ですが、どのような手続きをすれば加入できるのしょうか?期限が切れた場合はどうすれば更新できるのでしょうか?また車種や目的による保険料の違いや、未加入の場合にどんな罰則を受けるのか解説しています。

自賠責保険の加入、更新方法

自賠責保険に加入するにはいくつかの方法があります。まず自分で直接申込みを行うには保険会社に申込みの連絡をしたり、また保険代理店や郵便局、JAや労災などの共済組合でも手続きを進めることができます。自動二輪や原付は保険会社だけではなくコンビニでも自賠責保険に加入することができます。

自動車の場合は、車検の際に同時に自賠責保険の更新手続きを行ってくれるのが一般的です。ただ、250cc以下のバイクや原付は車検がないので、自賠責保険の期限切れに注意する必要があります。

自賠責保険の保険料

自賠責保険の保険料は車種と使用目的によって異なります。自家用、営業用、バイクと3つの使用目的に分けられ、それぞれ加入期間ごとに保険料が定められています。自賠責保険の保険料はどの保険会社でも共済でも同じ金額になっています。

<自家用・自賠責保険の金額早見表>平成25年(2013年)

契約
期間
自家用
乗用車
軽自動車 小型貨物
自動車
普通貨物
自動車
検査
対象車
検査
対象外車
最大積載量
2トン以下
最大積載量
2トン超
12ヶ月 16350円 15600円 9510円 17270円 24040円 35730円
13ヶ月 17310円 16500円 18310円 25630円 38270円
24ヶ月 27840円 26370円 14920円 29680円 43090円 66220円
25ヶ月 28780円 27240円 30690円 44640円 68720円
36ヶ月 39120円 36920円 18970円
37ヶ月 40040円 37780円

<営業用・自賠責保険の金額早見表>平成25年(2013年)

契約
期間
小型貨物自動車 普通貨物自動車
最大積載量2トン以下 最大積載量2トン超
12ヶ月 29920円 34650円 49900円
13ヶ月 31990円 37110円 53600円
24ヶ月 54730円 64100円 94300円
25ヶ月 56760円 66500円 97930円

<バイク・原付の自賠責保険の金額早見表>平成25年(2013年)

契約
期間
原動機付自転車
125cc以下
125cc超
~250cc以下
250cc超~
12ヶ月 7280円 9510円 9180円
13ヶ月 9550円
24ヶ月 9870円 14290円 13640円
25ヶ月 14010円
36ヶ月 12410円 18970円 18020円
37ヶ月 18380円
48ヶ月 14890円 23560円
60ヶ月 17330円 28060円

自賠責保険の未加入による罰則

自賠責保険は交通事故で被害を受けた人を救済するという目的のために作られた制度です。そのため、車やバイクを運転する人には加入が義務付けられており、未加入の人に対する厳しい罰則が設けられています。

  1. 未加入もしくは期限切れ → 1年以下の懲役または50万円以下の罰金+違反点数6点による免許停止処分
  2. 加入証明書の不携帯 → 30万円以下の罰金

自賠責保険は加入するだけではなく、加入していることを証明する「加入証明書」の携帯も義務付けられています。自動車の場合はダッシュボードの中に入れたまま携帯されている方も多いですが、収納するスペースがないバイク・原付の場合は常にカバンなどに入れて携帯するように気をつけましょう。

任意保険の保険金への影響

自賠責保険に未加入のままで運転による事故を起こした場合、任意保険の保険会社からは自賠責保険の限度額を超えた分しか保険金を支払ってもらえません。

例えば死亡事故で加害者となり慰謝料などの賠償金額が1億円となった場合は、自賠責保険で補償される3000万円を差し引いた7000万円が補償対象の金額となります。補償されない3000万円は自分の資金で支払わなければなりません。

国土交通省からの賠償請求

自賠責保険の未加入者が引き起こした事故の被害者は、加害者が未加入という理由で被害者請求することはできないのでしょうか。もし被害者請求できないということになると被害者が泣き寝入りすることにもなりかねないので、政府保障制度というものが設けられています。

政府保障制度とは被害者の救済を図るために損害の補てんを行う制度であり、損害の範囲および、保険金の限度額は自賠責保険の基準と同様になっています。この場合、被害者から保険会社や共済組合を通して国に保険金が請求されることになりますが、あくまで未加入の加害者による賠償を肩代わりしているだけです。

被害者への保険金が支払われた後に、国土交通省から加害者に対して保証金の賠償請求が行われることになります。結局は同じ金額を支払うことになりますので、必ず自賠責保険には加入するようにしましょう。無料で利用できる保険相談サービスの中には、自賠責保険の加入や民間の任意保険の取り扱いもしているところもあるので、保険についてトータルで見直したい方は一度相談されることをおすすめします。

参考リンク
・国土交通省:政府保障制度

自賠責保険の加入と保険料、罰則のまとめ

  • 自賠責保険の申込みは保険会社や代理店などで行うことができる
  • 自賠責保険の更新は車検時に行うのが一般的、バイクは期限切れに注意
  • 保険料は車種と使用目的、契約期間によって異なる
  • 自賠責保険の未加入者に対して厳しい罰則が設けられている
  • 未加入者が起こした交通事故に対する任意保険の保険金は、自賠責保険で支払われる金額を差し引いた金額となる
  • 政府保障制度により被害者から保険金を請求された場合、国土交通省から未加入者に対して保険金の支払いを請求される

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓