賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 自動車保険の基礎知識 > 自動車保険の保険料(相場など)


自動車保険の保険料(相場など)

自動車保険の任意保険に加入するためには保険料を保険会社に支払うことになりますが、保険料は保険商品によって大きく異なります。保険料の算出方法や相場などについて解説しています。

自動車保険料の使われ方

被保険者から支払われた保険料は大きく2つ分けられて使用されることになります。1つは純保険料と言い、保険金の支払いとして充当されることになります。もう1つは付加保険料と言い、保険会社の事業費や代理店手数料、利益などとして充当されています。

自動車保険の保険料がいろいろ存在しているのは、主に付加保険料が会社によって大きく異なるからです。例えば、代理店を設けず直接被保険者との取引を行う「ダイレクト型」では、代理店手数料がありませんので保険料が比較的格安になる傾向があります。

保険料は補償内容で異なる

それでは、自動車保険の中の純保険料はどのようにして決められるのでしょうか。基本的に保険料というものは保険が適用される補償範囲と特約の中身によって変わってきます。例えば、オプションとして車両保険をつければその分保険料が高くなりますし、反対に無駄な特約を省けば保険料を抑えることもできます。

例えば自己所有の車をキレイに大事に使いたいという場合には車両保険をかけることが大切になってきますが、反対にいつ壊れてもいいというような買い換えを前提とした車に乗る場合には車両保険をかける必要性はあまりないかもしれません。このように、個人によってケースバイケースで補償範囲のニーズは大きく異なりますので、必要な範囲を上手くピックアップしていく作業が保険選びには欠かせません。

保険種類 補償範囲 特約
賠償保険 対人賠償保険
対物賠償保険
他車運転危険担保特約など
傷害保険 自損事故保険
無保険車傷害保険
搭乗者傷害保険
人身傷害補償保険
ファミリーバイク特約など
車両保険 車両保険 新車特約
事故付随費用担保特約
代車費用担保特約など
その他   弁護士費用等担保特約
示談代行交渉特約
個人賠償責任担保特約など

保険料を左右する要素、料率

さて上記の保険料の計算方法は誰にでも当てはまる話です。自動車保険の大きな特徴として被保険者や車両の特徴によって保険料が大きく変わるというものがあります。これを料率と言い、支払われる保険金の額にリスクの代償によって計算された料率をかけたものが保険料となります。

要素 内容、料率
年齢 29歳以上補償、全年齢補償
運転者の範囲 本人限定、家族限定
等級 1~20等級
補償範囲 人身傷害補償保険、車両保険の有無
保険金額 無制限、2億円、5000万円
特約 個人賠償責任担保特約、ファミリーバイク特約
免許 ゴールド免許の有無
車種 車種、料率クラス
使用目的 日常、レジャー、通勤通学、業務
年間走行距離 5000km,10000km
割引 セカンドカー割引、福祉車両割引

以上のように保険料を決める要素は数多くあります。特に保険料に大きな差がつくのは年齢と等級です。20歳前後の若い人たちは事故を起こしやすいので保険料が高くなっており、また事故を起こす頻度で決定される等級が低い人ほど保険料が高く設定されています。

年齢は変えることはできませんが、日頃から安全運転に気をつけていれば等級を高くすることによって自動車保険の保険料を抑えることは可能です。また、車両保険や人身傷害補償保険の有無も保険料に大きく影響しますので、自分に合った補償内容を満たした自動車保険を賢く選ぶようにしましょう。

自動車保険の一般的な相場はどれくらいの金額なのでしょうか?相場を知ってよりお得に加入する方法はあるのでしょうか?

運転手の年齢や車種によって保険料は変わる

最初に結論から申し上げれば、自動車保険の一般的な相場というものはありません。というのは、記名被保険者の年齢や等級、車種、補償内容のグレードなどによって保険料が大きく変わるからです。

また同じ補償内容でも保険会社によって保険料が変わってきます。例えば、記名被保険者が37歳男性、家族限定で33歳の妻を設定、年間走行距離が5000km、対人・対物無制限、人身傷害補償3000万円、車両保険一般タイプの場合、保険料が6万円弱のところもあれば3万円程度のところもあります。

そのため自動車保険の相場を知るというのはプロにしか分かりません。それでは保険選びに迷っている方が相場の価格を知ってお得に保険を加入するにはどうすれば良いのでしょうか?

保険料を安くするポイント

複数の保険会社に一括見積もりサービスなどを利用して見積もりを取り寄せれば、同じ条件の下での保険料が比較できます。だいたいの相場が分かったところで、補償内容を確認しながら保険料が安い保険会社を選ぶのが賢い方法です。

ダイレクト型(通販型)保険の場合は、ディーラーや中古車の代理店型保険よりも一般的に安くなるので、保険料をとにかく抑えたいという方にはおすすめです。他には無駄な特約を抑えて割引制度を上手く活用するのも節約のポイントです。

自動車保険の保険料は各社の見積もりページから簡単にシミュレーションすることができますが、特約など必要な補償かどうかについては保険のプロであるFPが無料で相談に乗ってくれる保険相談サービスを利用されることおすすめします。

参考リンク
・そんぽ24:「保険料スピードチェック

自動車保険の保険料のまとめ

  • 保険料は保険金として使われる純保険料と会社の事業費などに充てられる付加保険料がある
  • 加入する保険の補償範囲や保険金の金額設定によって保険料は異なる
  • 被保険者の年齢や等級、ゴールド免許の有無など個人的な要素によっても保険料は異なる
  • 自動車保険の相場を知るためには、補償内容を決めて一括見積もりを依頼するのが賢い方法
  • ダイレクト型、無駄のない特約、割引制度の活用が保険料を抑える3つのポイント

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓