賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 契約手続き先(チャネル)の種類 > 代理店型、ダイレクト型、保険相談のメリット・デメリット比較


代理店型、ダイレクト型、保険相談のメリット・デメリット比較

自動車保険の加入手続き先として、代理店型、通販型(ダイレクト系)、保険相談(プロ代理店)の3種類がありますが、どのような特徴を持っているのかメリットとデメリットを比較してみました。

それぞれの特徴を比較

ディーラーや自動車修理工場などの兼業代理店を通して加入する方が一般的で、約9割の任意保険が代理店型で契約されています。車を購入する際に担当の営業マンにお任せするケースが多いです。

また通販型(ダイレクト系)の自動車保険は、インターネットなどを通して見積もりを依頼し、補償内容と保険料を自分で決定していきます。代理店型に比べて保険料が安くなるのが大きな特徴の1つです。

各種保険を専門的に取り扱うプロ代理店(保険相談サービス)では担当FPが無料であなたに合った保険商品を提案してくれます。

項目 代理店型 ダイレクト型 保険相談
保険料 標準 比較的安い 標準
申込み方法 対面形式 インターネット、電話、郵送 対面形式
手続き 担当者が代行 自分で行う 担当者が代行
事故対応 保険会社+担当者 保険会社のみ 保険会社のみ
ロードサービス 標準的 レッカーや宿泊サービスなどが充実 保険会社による
相談 担当者による提案 電話やネットの問い合わせ 比較検討プラン
保険料の見積り 計算システムがある場合可能 ネットですぐに見積りが分かる 計算システムがある場合可能

代理店型のメリット、デメリット

代理店型のメリットは担当の営業マンがついてくれることです。自分自身の状況を細かく把握してくれている場合は、ぴったりの自動車保険を提案してくれることもあります。また事故現場が近かったり入院した場合はかけつけてくれることも。面倒な手続きを代行してくれたり、人による手厚いサービスを受けられるのが大きな魅力です。

代理店型のデメリットは代理店のコストがかかるため保険料が少し高いというところ。また担当者の能力によってサービスの善し悪しも変わってくるため、信頼できる営業マンを見つけることが大切です。

通販型(ダイレクト系)のメリット、デメリット

通販型(ダイレクト系)のメリットは保険料がとにかく安い点です。インターネット割引で1万円程度安くなるなど、任意保険を安く抑えたいという方にはおすすめです。また、補償内容や特約、サービス内容など自分で細かく設定できるのも大きな魅力です。

通販型のデメリットは自分自身で行う作業が多くなる点です。各社の自動車保険について調べたり、加入手続きに必要な書類を集めて郵送したりなど面倒な作業を負担しなければいけません。忙しい方には信頼できる代理店や保険相談にお任せするのがおすすめです。

保険相談のメリット、デメリット

プロ代理店(保険相談)のメリットは、担当FPが丁寧に保険について提案してくれることです。兼業代理店の中には保険についてあまり詳しい方が担当になることもあり、代理店契約を行っている保険会社の自動車保険を薦める形がほとんどのです。

保険相談サービスではさまざまな保険会社の商品を取り扱っていることもあり、その中から希望に一番合った自動車保険を選んでくれるのが大きなメリットです。面倒な保険加入の手続きなども代行してくれるので、自分に合った保険に手間なく加入したいという方にもおすすめです。

また自動車保険だけではなく医療保険や学資保険など保険の総合窓口として運営されているところがほとんどなので、総合的な保険の見直しを行いたい場合にも便利です。キャンペーン中の保険相談サービスもあるので、利用するだけでうれしいギフトがもらえます。

ただし、保険料で見比べるのであれば通販型(ダイレクト系)の方が安くなります。また、保険相談サービスによっては取り扱っていない自動車保険もあるので、保険会社がすでに決まっている方は取り扱いがあるかどうか事前に確認しておきましょう。

代理店型、通販型、保険相談の比較まとめ

  • 代理店型は自動車保険に詳しくない方や人によるサポートを受けたい方におすすめ
  • 通販型(ダイレクト系)は保険料をとにかく抑えたいという方におすすめ
  • 保険相談は生命保険も含めて最適な組み合わせプランを提案してくれる

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓