賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > ロードサービス > サポート体制


サポート体制

自動車保険のロードサービスを利用する上で、全国のサービス拠点は保険会社によってどのような違いがあるのでしょうか?

サポート体制とは

運転中に事故に遭い自動車保険に付いているロードサービスを利用しようとして保険会社に電話連絡しました。しかし、提携しているサービス拠点が近くに無いので到着に2時間以上かかる、と言われてしまったらせっかくのロードサービスもあまり意味がありませんよね。

そのために自動車保険のロードサービスを比較する上で大事なのは、全国のサービス拠点や提携修理工場の数です。大手のダイレクト系損保では全国に1000以上のサポート拠点と提携修理工場を構えているのが一般的です。

保険会社による違い

サービス拠点の数、提携修理工場の数は保険会社によって大きく異なります。提携修理工場で修理を依頼するとメリットもいろいろあるので、ロードサービスをチェックする際にも確認しておきましょう。

保険会社 サポートセンター サービス拠点 提携修理工場
三井ダイレクト 14ヶ所 約3200 約1100
ソニー損保 約9000
SBI損保 約9650 約1250
チューリッヒ 約9500
アクサダイレクト 約9640 約950
そんぽ24 約9000
アメリカンホームダイレクト 約900

サポート体制の注意点

サービス拠点の数が少ないと事故現場までかけつけてくれるのが遅くなったりします。また、事故現場から修理工場までの距離が50kmを超えると有料になるロードサービスが多いので、サービス拠点数は検討しておきたい項目です。

また保険会社が指定する提携工場で修理すると無料で代車を使えたり、自宅まで修理した車を届けてくれたりと大きなメリットがあります。保険会社によっては修理個所の永久保証をつけてくれたり、車内クリーニングもサービスで付いているのでサポート体制がしっかりしているロードサービスが付いた自動車保険を選ぶのがおすすめです。

サポート体制のまとめ

  • 全国のサービス拠点から事故現場までかけつけてくれるので数が重要
  • サービス拠点、修理工場の数は保険会社によって違うので注意が必要
  • ロードサービスが充実している自動車保険は万が一の時に安心

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓