賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > その他の保険 > 軽自動車の保険


軽自動車の保険

軽自動車の任意保険はどのようになっているのでしょうか?普通乗用車との違いはあるのでしょうか?

軽自動車の保険とは

軽自動車の任意保険は基本的に普通乗用車との違いはあまりありません。補償内容も対人・対物が無制限で、必要に応じて車両保険や必要な特約をつけることによって補償内容を手厚くしたり保険料を抑えたりすることができます。

自賠責保険は軽自動車の方が少し安くなりますが、他にも税制などでも軽自動車の方が安くなるなど経済的にいろいろなメリットがあります。

普通乗用車との違い

普通乗用車との大きな違いは、軽自動車には車両料率クラスが無いというところです。料率クラスは自動車の型式ごとに分類されていますが、軽自動車は同じカテゴリに含まれています。例えばダイハツのミライースからスズキのラパンへ乗り換えても保険料は変わりません。

普通乗用車軽自動車
自賠責保険16,350円15,600円
車両料率クラスありなし

軽自動車の保険の注意点

軽自動車には車両料率クラスがないため、どの車種でも同じ保険料になります。車両料率クラスが高いと車両保険をかけた場合に保険料が高くなりますが、年式がかなり古い軽自動車でも同じ買ったばかりの新しい軽自動車と保険料となります。

街中を主に走る軽自動車はスピードがあまり出ないため事故のリスクが低いという理由から普通自動車よりも保険料が安くなっています。ただし、軽自動車は比較的構造の強度が劣るため、もし事故になった場合に運転手や搭乗者が受ける傷害の程度は大きくなります。そのため搭乗者傷害保障人身傷害補償を付けられることをおすすめします。

軽自動車の保険のまとめ

  • 普通乗用車と軽自動車の任意保険のしくみに大きな違いはない
  • 軽自動車は車両料率クラスがないため、車両保険をかける時は注意が必要

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓