賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > その他の保険 > バイク保険


バイク保険

バイクを乗る方のためのバイク保険というものがありますが、自動車保険とはどのような違いがあるのでしょうか?

バイク保険とは

バイク保険も基本的に自動車保険と同じで、自賠責保険と任意保険の2種類があります。自賠責保険の補償内容も自動車保険と同様になっており、死亡事故で3000万円、後遺障害で4000万円、ケガを負わせた場合に最大で120万円となっています。

事故の内容によっては損害額が億を超えることもあり、自賠責保険だけでは十分補えない額となっています。また自賠責保険では対物補償がついていないので、相手が高級車であったりお店の営業が停止するような事故では高額な賠償金を請求され、そのような場合でも自腹を切らなくてはいけなくなります。

大きな金額の賠償額や自分が負傷した場合の補償に備えるためにもバイク保険には加入しておいた方が良いでしょう。特にバイクは事故に遭った場合に運転手が大きなケガを負うリスクが高いので、バイク保険の搭乗者傷害保険や人身傷害保険への加入の検討をおすすめします。

補償内容とファミリーバイク特約との違い

バイク保険の補償内容は自動車保険と同じ内容となっています。対人・対物保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者・人身傷害保険が主な補償内容です。

バイク保険と自動車保険に付帯させることができるファミリーバイク特約にはいくつかの違いがあるので注意が必要です。まずファミリーバイク特約は排気量が125cc以下のバイクに適用が限られています。そのため125ccを超える大型バイクには適用させることはできません。

またバイク保険には等級が適用されますが、ファミリーバイク特約には等級が適用されません。事故を起こさなければ毎年等級が上がるので、無事故を続けていればお得にバイク保険に加入することができます。

保険の種類 自賠責保険 ファミリーバイク
特約
バイク保険
対人補償 死亡3000万円
後遺障害4000万円
ケガ12万円
無制限 無制限
対物補償 なし 無制限 無制限
搭乗者傷害 なし なし あり
人身傷害 なし 契約形態による あり
排気量区分 なし 125cc以下 なし
等級 なし なし あり
ロードサービス 契約形態による あり

バイク保険の注意点

バイク保険には通常車両保険がなく、盗難に関して補償されないというところです。バイクは非常に盗難される率が高く、所有者の元へ戻ってくる率も低いためです。大切なバイクを盗難から守るためには、バイク盗難保険と呼ばれる専用の保険に加入する必要があります。

参考リンク
・Gooバイク:「バイクの任意保険について知っておきたい基礎知識

バイク保険のまとめ

  • 自賠責保険だけでは補償内容と範囲が手薄いので、バイク保険に加入することで補償を手厚くできる
  • ファミリーバイク特約との違いがあるので契約内容を確認する
  • バイク保険には盗難保険が付かないので、専用の盗難保険に加入する必要がある

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓