賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > その他の保険 > 自転車保険


自転車保険

自転車保険とはどのような補償内容になっているのでしょうか?また自動車保険に付帯させられる特約とはどのような違いがあるのでしょうか?

自転車保険とは

最近では自転車による事故で高額な賠償金を請求されることが多くなってきています。例えば平成20年に小学5年生が自転車を運転中に起こした事故の裁判では、約9500万円の損害賠償の支払いを児童の母親に命じる判決が下されました。

手軽に移動ができて便利な自転車ではありますが、対自転車や対歩行者との事故では加害者となる可能性が高くなります。また自転車には自賠責保険がありませんので、加害者となり損害賠償を請求された場合に大きな負担となります。

そのような事故に備えるのが自転車保険です。対人の補償はもちろん、物を壊したり散歩中のペットをケガさせた場合の対物補償、自分自身がケガを負った場合などの人身傷害保険などがあり、自転車運転中の事故のリスクを手厚くカバーします。

自転車特約、個人賠償責任特約との違い

自転車保険の補償内容は主に以下の通りになります。対人・対物補償は5000万円~無制限、人身傷害保険は死亡・後遺障害時に400~1000万円、入院で4000~6000円など保険会社によって幅の広さがあるので注意が必要です。

また補償範囲は本人限定、もしくは家族限定などの設定が可能な自転車保険もあり、カバーする範囲を増やすことで保険料も上がるようになっています。本人限定の個人型より、配偶者や家族まで範囲を増やしたプランの方が割安になるので、家族の中にも自転車を運転する人がいれば補償範囲を広げておくことをおすすめします。

自動車保険に付帯させられる自転車保険に関連する特約として、自転車特約個人賠償責任特約がありますが、それぞれに補償内容が異なっているので注意が必要です。

自転車特約は基本的に自分自身のケガに対する補償、個人賠償責任特約は他人に対する補償という形になっていますので、自動車保険の特約で両方をカバーするためにはどちらの特約も取り扱っている自動車保険を選ぶ必要があります。

保険・特約の種類自転車特約個人賠償責任特約自転車保険
対人・対物補償契約形態による
人身傷害保険×
盗難保険××契約形態による
ロードサービス××契約形態による
保険料自動車保険料
+0~3600円
自動車保険料
+500~1200円
4200~15000円

自転車保険の注意点

自転車保険が適用されないケースとして、ブレーキ機能がついていない自転車による事故があります。最近ではピストなどブレーキ機能がないレース用の自転車が流行していますが、このような自転車を乗ること自体が道路交通法にも違反しており加害者になるリスクも高いの非常に危険です。

また自転車保険の中には盗難保険が付いているものもありますが、新車価格の7%程度の保険料が上乗せされることになります。保険料を設定する際に新車価格を申請することになるので、保険料を安くしようと考えて申請時の新車価格を安くすると保険金も安くなってしまいます。また盗難保険を適用させるためには、施錠箇所が1ヶ所以上必要などいくつかの条件もあります。

参考リンク
・イオン保険マーケット:「自転車保険

自転車保険のまとめ

  • 自転車事故による高額な損害賠償や入院費用を補償してくれる保険
  • 自動車保険に付帯させられる特約と補償内容が異なるので確認が必要
  • 自転車保険が適用されないケースがあるので注意が必要

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓