賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 等級について > 事故有等級と事故有係数


事故有等級と事故有係数

2012年10月からスタートした新しい自動車保険の等級制度ですが、事故有等級になるとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

事故有等級とは

新しい等級制度の元では、ダウン事故を起こすと翌年から「事故有等級」となり割高の保険料を支払うことになります。事故を起こした人へのペナルティという意味合いも大きく、事故有等級を設けることによって事故を少なくしようという意図もあります。

保険会社には事故のリスクが高い人から高い保険料を支払ってもらえるというメリットがあります。また、事故を起こしていない「無事故等級」の人にもメリットがあります。旧等級制度よりも事故無等級の方が割引率も高くなるので、ずっと事故を起こさなければ等級も上がる上に高い割引率で自動車保険に加入できます。

事故有等級の適用期間

新しい等級制度で3等級ダウン事故を起こすと、翌年から3年間にわたって事故有等級が適用されることになります。車両保険を使用する1等級ダウン事故では、翌年の1年間のみ事故有等級が適用され割高な保険料となります。

また事故の回数によっても適用期間は変わってきます。例えば10等級の人が3等級ダウン事故を同じ年に2回起こした場合は4等級へと下がり、また来年から6年間にわたって事故有等級が適用されることになります。

ただし事故有等級の適用期間の上限は6年となっています。6年間無事故で過ごすことができれば事故無等級へと戻ることができます。

事故有係数と無事故係数

事故有等級の場合は「事故有係数」というものを使って保険料が決められます。事故有係数は基本となる保険料に対して、どれくらいの割合で保険料が割増しされるのか、割引きされるのかを示してものです。

等級 無事故係数 事故有係数
1等級 1.64 (+64%)
2等級 1.28 (+28%)
3等級 1.12 (+12%)
4等級 0.98 (-2%)
5等級 0.87 (-13%)
6等級 0.81 (-19%)
7等級 0.70 (-30%) 0.80 (-20%)
8等級 0.60 (-40%) 0.79 (-21%)
9等級 0.57 (-43%) 0.78 (-22%)
10等級 0.55 (-45%) 0.77 (-23%)
11等級 0.53 (-47%) 0.75 (-25%)
12等級 0.52 (-48%) 0.73 (-27%)
13等級 0.51 (-49%) 0.71 (-29%)
14等級 0.50 (-50%) 0.69 (-31%)
15等級 0.49 (-51%) 0.67 (-33%)
16等級 0.48 (-52%) 0.64 (-36%)
17等級 0.47 (-53%) 0.62 (-38%)
18等級 0.46 (-54%) 0.60 (-40%)
19等級 0.45 (-55%) 0.58 (-42%)
20等級 0.37 (-63%) 0.56 (-44%)

上の表を見てみると、等級が高くなるほど無事故係数と事故有係数の差は開いています。そのため高い等級の人は自動車保険を使って補償を受け取った方が得なのか、自腹で払って保険料を安く抑えるのかを検討することが大事です。

大きな事故では保険を使用して保険金で賠償を行い、簡単な修理で済む場合は保険を使わないというのが基本的な考え方になりそうです。

参考リンク
・楽天保険:「自動車保険の事故有係数について

事故有等級、事故有係数のまとめ

  • 新しい等級制度では事故を起こして自動車保険を使用すると事故有等級が適用される
  • 3等級ダウン事故では翌年から3年間、1等級ダウン事故では翌年から1年間事故有等級が適用される
  • 大きな事故では自動車保険を使用し、修理で済む軽微な事故などは自腹で払う

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓