賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 等級について > ノーカウント事故と1等級ダウン事故


ノーカウント事故と1等級ダウン事故

2012年10月からの新しい等級制度への移行に伴い、等級すえおき事故が廃止されました。今後はどのようなシステムになるのでしょうか?

等級すえおき事故が廃止に

今までは盗難や落石などによる車の破損は「等級すえおき事故」とされ、保険を使ったとしても等級がダウンすることはりませんでした。しかし、大手の損害保険会社を中心に2012年10月より等級すえおき事故が廃止され、代わりに「1等級ダウン事故」へと変更になりました。

新しい等級制度の元ではこれまでの等級すえおき事故に該当する事故で保険を使った場合、翌年の等級は1等級ダウンすることになります。そして翌年は割高になる「事故有等級」で保険料を支払わなくてはならないので、保険加入者には厳しい制度改正となりました。

1等級ダウン事故とノーカウント事故

車両保険にも加入している場合、保険金を請求するような事故に該当するのが1等級ダウン事故です。例えば、盗難や落書き、いたずらなどによって車両が破損した場合の修理代などを請求する場合です。

今までの等級制度では、保険金を請求して車を修理したとしても翌年の等級は変わりませんでした。しかしこれからは1等級ダウンすることになり、しかも翌年の1年間は割高になる事故有等級の保険料が適用されることになります。

事故の種類事故の内容翌年以降の等級
ダウン事故・他人にケガをさせる(対人保険
・車や建物を壊す(対物保険
・自損事故など(車両保険
3等級ダウン
(事故有等級=3年間)
1等級ダウン事故・盗難、落書き、火災など
車両保険
1等級ダウン
(事故有等級=1年間)
ノーカウント事故・自分や家族のけが
人身傷害保険搭乗者傷害保険無保険車傷害保険など)
等級に影響なし
(翌年は1等級アップ)

保険料を請求しなければ1等級ダウンが適用されることはありません。そのため、事故による被害額が大きくなければ保険を使用しないというのも1つの手です。翌年は等級が1つ上がるので保険料が下がるのはもちろんですが、毎年2等級分の割引率の差額が得になります。

1等級ダウン事故に遭った場合は自腹で支払うのか保険金を使った方がお得になるのか、一度保険会社にご相談されるのがおすすめです。

1等級ダウン事故、ノーカウント事故のまとめ

  • 等級すえおき事故が廃止され1等級ダウン事故へと変更
  • 1等級ダウン事故になると翌年は1等級ダウンし事故有等級が適用される
  • 被害額に応じて保険料を請求するか自腹で支払うのか比較検討する必要がある

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓