賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 割引制度 > 運転者限定割引(特約)


運転者限定割引(特約)

自動車保険の運転者限定特約とはどのような割引制度なのでしょうか?割引率はどれくらいになるのでしょうか?

運転者限定割引とは

自動車保険に加入する際に車を運転する人を限定させることで保険料を抑えることができます。補償される人が少なくなればなるほどリスクも小さくなるので、保険料が安くなるというわけです。

例えば、本人限定、配偶者限定、家族限定などがありますが、最初の基本的な設定としては限定なしとしている保険会社が多いです。限定なしの場合は、誰が保険対象の車を運転しても補償されることになります。

運転者限定割引は、通常「運転者限定特約」という名前で取り扱われており、特約の中の1つとなっています。

運転者限定割引の割引率

運転者限定特約には主に3つの種類があり、本人限定が最も割引率が高く、限定なしでは割引は適用されません。記名被保険者とは対象となる車を主に運転する人のことので、自動車保険の加入時に指定する必要があります。

限定対象者割引率
本人限定記名被保険者8%
配偶者限定記名被保険者+配偶者6%
家族限定記名被保険者+配偶者+家族3%
限定なし限定なし割引なし

注意しなければいけないので、運転者限定特約の家族には以下の4つが当てはまります。それ以外の人は家族に該当しないので、家族限定を付ける場合は補償外となります。

  • 1.記名被保険者
  • 2.記名被保険者の配偶者
  • 3.記名被保険者または配偶者の同居親族
  • 4.記名被保険者または配偶者の別居している未婚の子

運転者限定割引の注意点

運転者限定特約の注意点は、補償範囲外の人が運転して事故を起こした場合は一切の補償を受けられないというところです。そのため誰が運転したら補償されるのか、誰が運転した場合は補償されないかを確認しておきましょう。

例えば、45歳の父、18歳の同居息子がいる家族で、息子が免許を取り父親が記名被保険者の車を帰省時などに使用することになりました。気をつけないといけないのは、年齢条件割引に関しては「同居家族」について適用されるという点です。

運転者限定特約を「家族限定」としていても、年齢条件割引を「21歳以上補償」などにした場合は息子が運転して事故を起こしても補償されないので注意が必要です。この場合は年齢条件を「35歳以上補償」に設定し、同居している子供を補償範囲に含むことができる子供追加特約をつけるようにしましょう。

主たる運転者割引・特約事故時の運転者補償の適用
本人限定
本人限定息子×
家族限定息子
21歳以上補償息子×
子供追加特約息子

参考リンク
・デイライト法律事務所:「相手の保険に運転者限定特約がついて保険金が支払われない?

運転者限定割引のまとめ

  • 運転する人を限定することで保険料が割引になる
  • 誰が補償範囲内か誰が補償範囲外になるのか確認しておく

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓