賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 割引制度 > ゴールド免許割引


ゴールド免許割引

自動車保険のゴールド免許割引はどのような制度なのでしょうか?割引率はどれくらいなのでしょうか?

ゴールド免許割引

自動車保険は事故を起こす確率が高い人、つまりリスクが高い人に対して保険料が上がる仕組みになっているので、運転免許がゴールドの人はリスクが低い人であるとみなされ割引してくれる保険会社があります。

ゴールド免許になるためには、免許更新時において過去5年間無事故無違反である必要があります。毎日のように運転している人にとっては、5年間事故を起こさないことはよくあることでも、スピード違反や駐車違反などの違反にならないのが難しいのはよく分かると思います。

特に毎日仕事で車を使う人にとって5年間無違反であることは難しいですが、家庭で使う車の保険料を抑えるためにも余計な罰金を払わないためにも安全運転を心がけることが大切です。

ゴールド免許割引の割引率

ゴールド免許割引は記名被保険者の免許の色が基準になります。そのため契約者と主に運転する記名被保険者が異なる場合は、記名被保険者の免許の色で自動車保険に加入しなければいけません。

またゴールド免許割引は保険会社によって取り扱っていないところもあります。ゴールド免許に対する考え方が2通りに分かれていて、運転が上手で事故を起こすリスクが低いゴールド免許の運転手、反対に運転には慣れていないゴールド免許のペーパードライバーでは後者の方がリスクが高いと考えられるからです。

ゴールド免許割引の有無保険会社割引率
割引ありアクサダイレクト
ソニー損保
SBI損保
チューリッヒなど
5~8%
割引なし三井ダイレクト
イ-デザイン損保

ゴールド免許割引の注意点

ゴールド免許割引は契約時の記名被保険者の免許の色が基準になります。そのため通年継続型で自動車保険を契約した場合、契約期間の途中でゴールド免許になったとしてもゴールド免許割引が適用されることはありません。

もうすぐゴールド免許を取得できるという見込みの方は、契約形態を単年型にするなどしてゴールド免許割引が適用できるようにするのがおすすめです。

参考リンク
・マイナビニュース:「目指せ20等級! 優良ドライバーへの割引について知ろう

ゴールド免許割引のまとめ

  • 契約時の記名被保険者がゴールド免許であると保険料が割引される
  • 保険会社によってはゴールド免許割引を設けていないところもある
  • 契約時の免許の色が契約期間中適用されることになる

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓