賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 割引制度 > 横滑り防止装置割引


横滑り防止装置割引

自動車保険の横滑り防止装置割引とはどんな制度なのでしょうか?割引率はどのようになっているのでしょうか?

横滑り防止装置割引とは

横滑り防止装置割引とは、任意保険をかける車両に横滑り防止装置割引がついていると保険料が割引される制度です。横滑り防止装置とは車がUターン時などにスリップで横滑りになった場合に、センサーなどをの制御システムを使って車の動きをコントロールするものです。

自動車メーカーによって名称は異なりますが、ESC(Electronic Stability Control)などの略称で呼ばれることも多いです。横滑り防止装置はタイヤのロックを防ぐABS装置と連動しているので、ABS割引と両方の割引を適用されるケースがが多いです。

横滑り防止装置の効果は単独事故の発生率に大きく関係しており、ヨーロッパで30%、日本でも44%の事故軽減につながっていると考えられています。そのため、横滑り防止装置を付けている車両に対して保険料の割引が適用されます。

横滑り防止装置割引の割引率

横滑り防止装置割引が適用されるのは以下の保険のみが対象となっており、無保険車傷害保険、車両保険には適用されません。

また保険会社によってはあらかじめ車両ごとに割引を含めて保険料が算出されているところもあるので、横滑り防止装置割引が適用されないところもあるので注意が必要です。

割引制度 対象となる保険 割引率
横滑り防止装置割引 対人賠償保険
対物賠償保険
搭乗者傷害保険
人身傷害補償保険
自損事故保険
5%

2010年12月9日、横滑り防止装置の設置義務化が国土交通省によって決定されました。2012年10月1日以降に新しい車種として認定を受けたもので、2014年10月1日以降に生産される自動車には横滑り防止装置の設置が義務付けられるようになりました。

2014年10月1日以降に認定される車種に関しても2018年2月24日以降に生産される自動車に関しては搭載が義務付けられるので、横滑り防止装置割引を含めた自動車保険の保険料が一般化されるでしょう。

横滑り防止装置割引のまとめ

  • 事故軽減の効果がある横滑り防止装置を搭載している車両に対して保険料が割引される
  • 横滑り防止装置(ESC)は搭載義務化が決定され、将来的に保険料割引に影響しなくなる

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓