賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 自動車保険 > 割引制度 > 衝突安全ボディ割引


衝突安全ボディ割引

自動車保険の衝突安全ボディ割引とはどのような制度なのでしょうか?割引率はどのように設定されているのでしょうか?

衝突安全ボディ割引とは

衝突安全ボディ割引とは、任意保険をかける車が衝突安全ボディ基準をクリアしている保険料が割引される制度です。衝突安全ボディとは、事故などによる外部から車両への衝撃を吸収する構造のことで、搭乗者が死傷するリスクを大きく減らすことができるものです。

1993年1月に「道路運送車両の保安基準」が改訂されたことにより、1994年4月以降の新型車に対しては「前面衝突試験」を行うことが義務付けられました。この試験により車種ごとの衝突安全性が公的機関によって格付けされるようになりました。

自動車保険もリスク細分型に変わってから衝突安全性に対して保険料を変えるようになり、所定の衝突安全基準を満たした衝撃吸収ボディ構造を持つ自動車に対して割引が適用されるようになりました。

自動車メーカーによって衝突安全基準の名前が異なりますが、保険会社はメーカーの安全基準の有無を割引に適用させるかの基準にしているところが多いので、任意保険をかける車両がどの基準を満たしているか調べておきましょう。

自動車メーカー 衝突安全基準の名称
トヨタ(TOYOTA) GOA
日産(NISSAN) ゾーンボディ
FLプラットホーム、FMプラットホーム
本田(HONDA) G-CON、ACO(アドバンスドG-CON)
マツダ(MAZDA) MAGMA
三菱(MITSUBISHI) RISE
スバル(SUBARU) クラッシュセイフ・ボディ
スズキ(SUZUKI) SSIS、TECT
ダイハツ(DAIHATSU) TAF

衝突安全ボディ割引の割引率

衝突安全ボディ割引が適用されるのは以下の保険のみが対象となっており、対人・対物賠償保険、無保険車傷害保険、車両保険には適用されないので注意が必要です。

特に車両保険に関して割引の対象にはなりません。なぜなら、衝突安全ボディ構造では車両の前面部分が衝撃を吸収するために壊れやすい構造になっており、いざ事故で衝撃を加えた場合は大きく車両が壊れ修理費がとてもかかってしまうからです。

運転手はもちろん搭乗者や事故相手へのダメージも軽減できる車の構造になっているので、保険料の割引も踏まえて車選びの基準にするのもおすすめです。

割引制度 対象となる保険 割引率
衝突安全ボディ割引 搭乗者傷害保険
人身傷害補償保険
自損事故保険
10%

衝突安全ボディ割引のまとめ

  • 事故時の衝撃から搭乗者を守ってくれる構造基準を満たす車両に対して保険料が割引される
  • フロント部分は壊れやすい構造になっているため、車両保険に対しては割引が適用されない

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓