賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険の選び方 > 保険選びのポイント > 保険選びのチェックポイント


保険選びのチェックポイント

初めて生命保険に加入する人が保険選びに失敗しないためのポイントについて解説しています。

自分に合った生命保険を選ぶには

「大学を卒業して新社会人になった」「結婚して家族を持つようになった」「老後の生活や医療費などが心配になった」など、人生における変化は生命保険への加入を検討する良いタイミングです。

上手く活用すれば人生のリスクに備えられる生命保険ですが、保険会社が勧めるままにおすすめの生命保険に加入してしまったらおそらくほとんどの人が保険選びに失敗してしまうことになります。保険会社は利益率の高い保険商品を勧めたり、また保険外交員(営業マン)は歩合制で給料が決まるので必要のないものまで加入を勧める人も残念ながら存在しています。

必要のない生命保険に加入したりあまり意味のない特約をつけて保険料を無駄にしてしまわないように、下のポイントをチェックしていきながら自分に合った生命保険を選ぶようにしましょう。

保険選びのチェックポイント

生命保険選びに失敗しないために以下のチェックポイントについては、加入前に再度確認されることをお勧めします。

保険選びのチェックポイント
項目 概要
加入目的 生命保険に加入することで備えたい万が一のケースとは何か、自分に何かあった時に保険金を誰に渡してどのように活用するのか、保険に加入する目的を明確にする
保障内容
(主契約)
生命保険によって受けられる保障は大きく3種類あります
・死亡保障…死亡・高度障害になった場合に大きな保障を受けられる
・医療保障…ケガや病気に備えるための保障
・貯蓄…満期になると満期金が受け取れたり、年金形式で保険金を受け取れる
特約 割安な保険料で保障を手厚くできる、また特約にしかない先進医療保障特約などもある
保障額 万が一の場合にどの程度の保険金を受け取ることができるのか、保障額を手厚くすると保険料も増える、必要保障額が年々下がっていく逓減型も
保険期間 一生涯にわたって保障される終身タイプか、一定期間のみの保障がある定期タイプか
保険料 保険料が変わらない全期型か一定期間ごとに保険料があがる更新型か、毎月の家計の中で収入と保険料支出のバランスも考慮する
貯蓄性 定期保険のように保険料が安い掛け捨て型か保険料は高いが貯蓄性のある終身型か、将来の見直しに備えて解約返戻金の有無なども考慮する
受取人 万が一の際に保険金を受け取るのは誰なのか、受取人の指定方法によって税金による控除額も変わるので注意
保険会社 ソルベンシーマージン比率など経営状態の健全性をはじめ、主契約が複数ある場合は倒産リスクに備えて分散加入するなど
アフターフォロー 生命保険会社の顧客満足度や不払い問題の有無、担当者によるアフターフォローなど、無料相談サービスを利用する際は手続きの代行なども

失敗しない保険選びのために

以上のポイントをチェックして問題が無ければ、適合する保険商品のパンフレットなどを複数取り寄せて比較検討してみましょう。保険会社の中には保険料などが手軽にシミュレーションできるところもあるので、シミュレーターなどを利用して比較してみるのもおすすめです。

保険商品が2~3つに絞ることができたら、一度保険の無料相談店でアドバイスを受けられることをおすすめします。保険商品の不明な点などを質問リストとして作成し、プロのファイナンシャルプランナーにいろいろと聞いてみるのがおすすめです。

保険相談のキャンペーンで商品をプレゼントしてくれるところもあるので、いくつかの保険相談店をまわってさまざまな角度からアドバイスをもらったり保険プランを作成してもらうとより良い保険選びがしやすくなります。

保険選びのチェックポイントのまとめ

  • 保険会社が勧めるままのプランには加入しない
  • 最低限のチェックポイントをクリアできる保険商品を比較検討する
  • 加入契約をする前に必ず無料相談サービスでアドバイスを受ける

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加