賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 生命保険の選び方 > 保険・特約の選び方 > 定期保険の選び方


定期保険の選び方

定期保険はどのようにして選べば良いのでしょうか?特徴や種類、選び方のポイントなどを解説しています。

定期保険の特徴

定期保険は割安な保険料で手厚い死亡・高度障害保障を受けられるのが特徴で、貯蓄性がほとんどない掛け捨てタイプの生命保険です。保障期間は一定期間に定められており、更新するごとに延長されます。

小さな子どもがいる若い世代に加入者が多く、また生命保険に初めて加入する人が選ぶことも多いです。定期保険にはいくつかの種類があり、保障額が一定期間ごとに増減するものや保険金の受取り方が一括・年金形式などが種類によって異なります。

定期保険の種類
種類 保障額 特徴
定期保険 変わらない 保障額が変わらない一般的な定期保険
逓減定期保険 減っていく 一定期間ごとに保障額が減少する
逓増定期保険 増えていく 一定期間ごとに保障額が増加する
収入保障保険 減っていく 一定期間ごとに保障額が減少し、保険金は年金形式で受け取る
長期平準定期保険 変わらない 経営者・役員のための定期保険で、保険料・保障額が大きく解約返戻金がある

保険料の支払いには更新型と全期型があり、更新型は更新ごとに保険料がアップし、全期型は保険料がずっと変わりません。

定期保険選びのポイント

定期保険を選ぶ際には以下の点について確認しておきましょう。

    ポイント

  • 必要保障額を把握した上で保障額と増減タイプ
  • 保障期間と払込方法は更新型か全期型か
  • 保険金の受取方法は年金形式か一括受取か
  • どのような特約をつけるか
  • 保険料の割引があるか

収入を得ている人が死亡・高度傷害になった場合、どれくらいの保障があると生活を維持できるか考えることが大切です。また加入してから子どもが成長していくと必要保障額も減少していくので、逓減定期保険や収入保障保険が保険料の節約にもなるメリットがあります。

また保障期間を全期型にすると若いうちは保険料が高いですが、保険料の総支払込額が少なくなるというメリットもあります。ただし見直しにくくなるデメリットもあるので、更新タイプを選ばれる方が多いです。

保険金の受取方法は、年金形式で受け取る方が受取総額が増えるというメリットがあります。一括で受け取る場合は死後整理のための費用や住宅のリフォームとしてまとまったお金を使用できます。

健康祝金(ボーナス)特約をつけることができる生存給付金付定期保険もありますが、保険料も増えるのであまり大きなメリットはありません。タバコを吸われない方や一定の健康基準を満たす方は、健康体料率(割引)特約がある定期保険を選ぶようにしましょう。

定期保険の更新時の注意点

更新型で定期保険の契約を行う場合、更新ごとに保険料が上がっていきます。そのため将来の支出が増えることになり、長期的なスパンで家計の収支プランを計画しておくことが大事です。

また歳満了で契約した場合は定期保険は自動更新されません。改めて生命保険に加入する場合は加入時における健康状態を告知する必要があるので、保険の加入を断られる可能性もあります。

定期保険は解約しても返戻金がほとんど戻ってきませんが、見直しをすることで他の優良な定期保険にかけ直しがしやすいというメリットがあります。定期保険の更新時はかけ直しの良いタイミングなので、保険の無料相談サービスなどを利用しておすすめの定期保険について解説してもらったり、あらためて保険プランを作成してもらうとより良い保険選びがしやすくなります。

定期保険の選び方のまとめ

  • 保障額を決めた上で定期保険の種類を選ぶ
  • 保険料が割安で受け取れる保険金も多い収入保障保険がおすすめ
  • 更新時はかけ直しの良いタイミングなので無料相談サービスでアドバイスを受ける

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓