賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 生命保険の選び方 > 保険・特約の選び方 > 女性保険の選び方


女性保険の選び方

女性保険はどのようにして選べば良いのでしょうか?特徴や種類、選び方のポイントなどを解説しています。

女性保険の特徴

女性保険は女性特有の病気に対する保障がある生命保険で、一般的な医療保険に比べて割安な保険料で手厚い保障を受けられるのが特徴です。

現在では6人に1人が帝王切開による出産を経験し、女性特有のがん検診も進んでいることから女性保険のニーズが高まってきています。以下のようの女性特有の疾病に加えて、がんや甲状腺の疾患も保障されます。

女性保険の保障内容
保障内容 概要
妊娠 帝王切開、妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)、子宮外妊娠、流産
乳房 乳がん、乳腺症
子宮 子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症
卵巣 卵巣がん、卵巣機能障害、チョコレートのう胞
その他 関節リウマチ

保障期間や保険料の支払い方法、払込期間は医療保険と同様にいくつかの種類があります。一定期間を掛け捨てで保障する定期タイプ、保障が一生涯続き保険料も支払い続ける終身タイプ、ある期間までに払込みを終える有期タイプなどがあり、特徴を理解してタイプを選ぶようにしましょう。

女性保険選びのポイント

女性保険を選ぶ際には以下の点について確認しておきましょう。

    Point

  • 保障内容と保障金額
  • 引受基準(妊娠週)と特定部位の不担保
  • 7大疾病や先進医療などの特約
  • 保障期間と払込方法
  • 死亡保障があるか
  • 貯蓄性や健康祝い金があるか

女性保険は所定の女性特有の疾病に対して保障がありますが、チョコレートのう胞などは保険商品によって保障の対象外としているものがあります。またオプションによって給付金を手厚くすることができ、手術や入院にかかる医療費に備えたい方は保障を手厚くしておきましょう。

また妊娠27週目までであれば女性保険に加入することはできますが、妊娠に関わる保障(帝王切開や悪阻など)は保障から外れます(特定部位の不担保)。引受基準は保険商品によって異なるので、妊娠が分かってから加入を検討している方は、何週目までであれば保障されるのか事前に確認しておくましょう。

女性の保険の主な特約には3大疾病保障特約先進医療特約など保障範囲を拡げるものや、健康祝金(ボーナス)特約のようにある年齢になるまで保険金を請求しない保険料の一部が返ってくるものがあります。

また保険商品の中には保険期間中に死亡した場合に一時金が支払われる女性保険もあるので、加入している定期保険や終身保険があれば保障額について把握しておくことが大切です。

女性保険選びの注意点

女性保険選びで最も注意しなければいけないのは、保障期間と保険料の払込方法です。現在販売されている女性保険は一生涯保障が続き保険料もずっと変わらない終身タイプが主なラインナップです。

若いうちから加入しておくと高齢になってからの医療保障を割安な保険料で備えることができるメリットがありますが、インフレが進んでしまうと給付金などの保障額が実質下がってしまうというデメリットもあります。

そのため死亡保障である終身保険は変額型でインフレリスクに対応したもの、女性保険は定額型で安定した保険料を支払うものなど、保険商品の組み合わせを考えることも大切です。

保険の無料相談では見直しのタイミングや新しい商品へのかけ替えメリットなどをわかりやすく解説してくれるので、女性保険選びで悩まれている方は一度アドバイスを受けられることをおすすめします。

女性保険の選び方のまとめ

  • 女性特有の疾病に対して手厚い保障が受けられる
  • 特約の付け方や保険料の払込方法などに注意して選ぶ
  • 終身タイプを選ぶ際は他の生命保険との組み合わせもよく検討しておく

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓