保険見直しラボさんへのインタビュー

2018年6月18日

2018年6月4日(月)に「保険見直しラボ」の担当者Tさんにインタビューをさせていただきました。サービスの特徴や保険相談を受ける際のポイントなどについて語っていただきました。(以下、管理人 → 管 担当者 → 担)


保険見直しラボについて

管:本日はよろしくお願いいたします。
担:こちらこそよろしくお願いいたします!

管:さっそくですが保険見直しラボのサービスについて教えてください。
担:はい。弊社は無料で保険の新規加入や見直しなどのご相談を承っております。また自社のFPが出張訪問させていただいております。

管:自社のFPということは社員さんが担当されているんですねー
担:そうなんです。また全国に60支社以上の拠点がありますので、一部の離島や訪問が困難な地域を除いて全国47都道府県に対応しています。

担当者Tさん

保険の見直し、コンサルティングについて

管:保険の見直しではどのようなことをしていただけるんですか?
担:まずは現在加入している保険やお客様のご意向をお聞きした上で、複数の保険会社の中から最適な保険をご提案させていただいております。

管:なるほど。
担:例えば熱が出て病院へ行った場合で考えると、お医者さんはまず患者さんの身体を検診して「どんな病気であるか」を判断します。また患者さんの要望を聞いた上で「どんなお薬が良いか」を考えて処方されると思います。

管:塗り薬であったり飲み薬であったり、どこに効く薬を処方するべきかということですか?
担:はい。保険見直しラボもお医者さんと同じで、お客様のご家庭の状況や目指しているライフプランを初回の面談でまずしっかりとお聞きします。その上で、お客様のニーズに合った保険種類や保険商品をご提案させていただいております。

管:保険相談を受けることでどんなメリットがありますか?
担:ご相談の申込時に特定の保険商品へのご加入を希望されているお客様も、保険相談を受けていただいたことで別の保険種類や保険商品を選ばれることもよくあります。お客様の本当のニーズをコンサルティングを通じて発見していただけることが大きなメリットだと感じております。

取り扱い保険について

管:ちなみに保険見直しラボでは何社ぐらいの保険会社を取り扱っているんですか?
担:生命保険会社19社、損害保険会社10社を取り扱っており、生命保険や学資保険、火災保険といったさまざまな保険をご案内させていただいております。
※2018年7月中旬以降20社に増えます。

管:かなりの数ですね!
担:ありがとうございます。あと、うちは保険代理店ですのでどこの地域で相談を受けても取り扱っている保険会社数や保険商品数に違いはありません。そこが他社さんと違う大きな点ですね。

管:ということは、どの地域でも同じサービスが受けられるわけですね。
担:自社でFPを抱えていない他の保険相談サービスでは、個人情報をいただいているのにも関わらず保険相談ができない方が約50%程度もいるのが現状です。弊社ではできる限りお申込みをいただいた方すべての方に保険相談を受けていただきたいと思っています。

管:他社さんでは相談できないケースもけっこう多いんですね。
担:保険見直しラボでは自社のFPがお伺いするため、お申し込みいただいた方の80~90%の方(※)が実際に保険相談を実施しています。
※お客さまからのキャンセルを含んだ数値になります。

訪問サービスについて

管:どのようなお客さんが多いんですか?
担:ご結婚、ご出産をされた方やこれから予定されている方が多いです。「今加入している保険を見直したい」「保険料を抑えたい」という理由でご利用していただくことが多いようです。

管:結婚や出産となると家族が増えたり住宅を購入したりとお金が大きく動きますもんね。
担:そうなんです。あと、弊社はご自宅や指定されたカフェやファミレスまで担当FPが伺いますので、妊娠中の女性や小さなお子様がいらっしゃるご家庭、外出が困難な方でもゆっくりとお話をさせていただくことができるのも特徴の1つです。

管:外出が困難な方にとってはありがたいことですよねー
担:そうですね。外出の手間も抑えていただけますし、ご自宅だと落ち着いてお話を聞かせていただけるのも良い点かなと思っています。

担当FPについて

管:保険見直しラボの担当FPの特徴を教えてください。
担:FPとしての経験年数が平均で12.1年というのが大きな特徴で、保険だけではなく住宅ローンや資産運用にも詳しいFPが各支社に在籍しています。

管:ちなみに女性FPを希望することはできますか?
担:全国の支店にはさまざまなFPが在籍していますが、基本的にどのFPが担当させていただくかはわかりません。ただしお申込みから少し時間がかかってしまうかもしれませんが、申込時の備考欄に「女性FP希望」と記入していただければ女性FPを担当させていただいております。

研修制度について

管:面談を担当してくれるFPさんにはどのような研修を行っていますか?
担:まずは保険業法に従ってコンプライアンスをしっかりと守れるように研修を行っています。

管:それは中途採用された社員さんに対してもですか?
担:そうなんです。中にはFPとして長く経験を積まれた人もいますが、どんな人でも1週間しっかりと研修を行ってどのFPが担当になってもお客様に質の高い保険相談サービスの提供ができるように心がけています。その中でマナーや挨拶についてもしっかりと研修を行っています。

管:他にはどんな研修をされていますか?
担:2週間に1度は必ずロールプレイング形式でお客様役とFP役に分かれて面談の研修を行っています。また年に1回面談のコンテストも行っているんですよー

管:あ、たまにテレビで見かけるスーパーのレジ打ちのコンテストみたいなやつですか?(笑)
担:そうなんです(笑)。全国の支社からFPに参加してもらい、コンテストを通してより良い保険相談サービスのための技術やマナーを磨いてもらっています。

管:社員さん同士でサービスについて研鑽しているという感じですね。
担:はい。あとは月に1回は本社でサービスについての会議があって、面談後のアンケートで頂戴したお客様からの声を今後のサービス向上に活用させていただいております。

保険相談を受けるポイント

管:保険相談は必ず2~3回受けないといけないんですか?
担:お忙しい方でなかなか時間が取れないという方は、事前にご要望をお聞きした上で1日でコンサルティングをさせていただくこともあります。ただ、加入するかどうかをしっかりとご検討していただきたいので2~3回の面談をおすすめしています。

管:どのような準備があれば面談はスムーズに進みますか?
担:現在加入されている保険の保険証券があればお話をさせていただきやすいと思います。

プレゼントキャンペーンについて

管:キャンペーンでギフトをいただけると聞きましたが、どんなギフトが人気なんですか?
担:テレビで取り上げられたこともあるお米やお肉の人気が高いですね。お米やお肉に関しては「これはどこで買えるの?」といったお問い合わせをいただくこともあります。

管:すごい人気ですね(笑)。今後はどのようなキャンペーン展開を計画されていますか?
担:プレゼントの種類を増やし始めていまして、今後もご利用していただいたお客様に喜んでいただけるものをご提供させていただけたらと考えております。

保険相談サービスのお仕事について

※以下は担当者ではなく、実際に保険相談をしているFPさんに聞きました。
管:最後にFPのお仕事をされていて良かったことはありますか?
FP:仕事を通じてたくさんのお客様にお会いでき、そこからたくさんのことを学べることがありきたりですが、一番良かったと思っています。

管:これまでどんなお客さんがいらっしゃいましたか?
担:保険はあまり好きではないというお母様とご子息のお客様がいらっしゃいましたが、お母様の状況をお伺いしたところ医療保険への加入を提案させていただきご加入していただきました。その後ご病気になってしまい手術をすることになったのですが、60万円の保険金支払いということになりました。お母様とご子息にとっては大変なことではありましたが、大変感謝されたことを今でも覚えています。

管:保険が実際に役立つことを目の当たりにされたんですねー
担:保険は一度加入するとなかなか見直しもしづらく、生涯で支払う保険料も大きな金額となります。このような保険という商品を取り扱っているからこそ、今後もアフターフォローも含めてお客様のために精一杯仕事をさせていただきたいと考えております。

お仕事について

管:本日は貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。
担:こちらこそありがとうございました!