賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > おすすめランキング


おすすめの生命保険ランキング

毎月の保険料や保障の充実度などを基におすすめの生命保険商品をランキング形式で紹介しています。主な定期保険、終身保険、養老保険をはじめ、特約の充実度、保険会社の格付けなど、それぞれをランキングにして掲載しています。

また生命保険の見直しサービスについても紹介しています。運営窓口数や訪問相談サービスの有無、うれしいギフトがもらえるキャンペーンの充実度などをランキングにして掲載しているので、見直しを検討されている方におすすめです。



死亡保障の選び方のポイント

被保険者が死亡したり高度障害に至った場合に保険金が支払われる死亡保障ですが、掛け捨て型の定期保険や保障が一生涯続く終身保険などさまざまな種類があります。どのような保障タイプにするか主契約の性質を理解できれば、あとは同じ主契約の中でより良い商品を選びたいところです。

死亡保障の保険商品を選ぶポイントとして保障内容と保険料はもちろん、割引制度や払込免除特約があるかをチェックしましょう。例えば健康優良体割引がある商品ではタバコを吸わない非喫煙者にとって有利な保険料設定がされています。そのためタバコを吸う方は割引がない保険商品を選ぶのがおすすめです。

注意しなければいけないのは低解約返戻金型と呼ばれるタイプの生命保険です。保険料が割安に設定されているメリットがある代わりに、途中で解約しても返ってくる保険金の額が少なく設定されています。低解約返戻金型を選ぶ際は保険料の支払いに余裕があるか、払込期間の設定などに注意する必要があります。

医療保険、介護保険の選び方のポイント

病気やけがで入院、手術が必要になったり、経済的な介護支援が必要になった場合に役立つのが医療保険や介護保険です。公的な医療・介護制度では保障が不十分であるため、万が一の場合に備えて加入する人が増えてきています。

医療保険やがん保険を選ぶポイントは入院・手術給付金の保障額、入院日数の制限と保険料のバランスです。また保険料の支払い方法を一定期間で終えるか、一生涯支払い続けるかで毎月の保険料負担も変わってきます。老後の生活に少しでもゆとりがほしい方は払込み期間を短縮できる保険商品がおすすめです。

持病があっても加入できる引受基準緩和型の保険は告知内容が緩和されている反面、保険料が割高に設定されています。また加入後一定期間は保障額が制限されるなどのデメリットがあるので、保障内容を十分に理解した上で加入を検討するようにしましょう。

個人年金保険、学資保険の選び方のポイント

老後の生活保障や子どもの教育資金など、将来の生活保障を目的として貯蓄性のある生命保険に個人年金保険や学資保険があります。銀行や郵便局に定期預金するのとは異なり、被保険者が死亡すると保険料の払込が免除されるのが特徴です。

個人年金保険を選ぶポイントは、保険料の総支払込額に対する保険金の受取額、そして変動性のあるタイプかという点です。変動性の高い個人年金保険は運用がうまくいけば受け取れる保険金が増えるというメリットもありますが、失敗すれば最低限の保険金額しか受け取れないというデメリットもあるので注意が必要です。

学資保険を選ぶ際にチェックしておきたいのは返戻率と兄弟割引です。保険料払込免除特約をつけると返戻率は下がってしまいますが、兄弟割引を併用して活用することで保険料を割安にすることもできます。子どもがたくさんいる家庭では大黒柱が亡くなってしまうと十分な教育費を充てることができなくなるので、免除特約をつけ兄弟割引を適用させるのがおすすめです。

保険会社、無料相談サービスの選び方のポイント

保険商品と同様に保険会社選びも大切なポイントです。現在では大手の生命保険会社だけではなく外資系、ネット専門のネット生保などさまざまな形態の保険会社がありそれぞれに特徴を持っています。

保険会社を選ぶ際に気をつけたいのが格付けと支払い余力です。戦後数社が破綻し保障の一部が減額されることになったこともあり、保険会社の経営状態などにも着目して保険商品を選びたいところです。破綻リスクを抑えるためにも、主契約が複数ある場合は保険会社を分散させることがおすすめです。

保険の無料相談サービスを提供しているプロ代理店では、担当のFP(ファイナンシャルプランナー)が保険についてさまざまなアドバイスを提供してくれます。担当者の経験年数や保険知識によって提案内容が異なるため、いくつかの無料相談サービスを利用してセカンドオピニオンをもらうことが大切です。キャンペーンで商品券やギフト券がもらえるところもあるので、うまく活用すればお得にアドバイスを受けることができます。