賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > おすすめランキング > 介護保険の紹介 > おすすめ介護保険ランキング2017年版


おすすめ介護保険ランキング2017年版

介護保険への新規加入や見直しを検討されている方に、独自の介護保険ランキングを紹介しています。上位の保険商品についても解説しています。

介護保険の特徴、選び方

介護が必要になった場合は公的な介護保険を受けることができますが、保障を受けられるのは人的なサービスのみで介護用品にかかる費用などに関しては自治体による助成以外は自身で備えるしかありません。

生命保険会社が取り扱っている民間の介護保険は公的な介護認定を受けるか、保険会社独自の基準に適合する要介護状態になると保険金を支給するものです。公的な介護保険とは異なり現金で支給されるのでさまざまな用途に活用できるのがメリットです。

介護保険は一定期間を保障する掛け捨て型の定期タイプと、保障が一生涯続き貯蓄性のある終身タイプがあります。また保険金の支払いは一時金としてまとまった保険金が給付されるものと、毎年決まった保険金額が支給される年金形式で受け取れるものがあります。

介護保険を選ぶ際のポイントは、介護給付金を受け取れる条件です。公的介護制度の要介護認定1から受け取れる保険商品は保険料が高く設定されていますが、保険金を受け取れる条件が緩和されています。

介護保険ランキング

介護保険ランキング2017年版
ランキング 保険会社 保険商品名
1位 ソニー生命 利差配当付き
終身介護保障保険
2位 東京海上日動あんしん生命 長生き支援終身保険
3位 朝日生命 あんしん介護
4位 アフラック スーパー介護年金プランVタイプ
5位 AIG富士生命 こどもの世話には
なりたくない保険

介護保険ランキングは、保障内容と保障額、保険料とのバランス、給付条件などをもとにランキングしています。

介護保険ランキングの分析

1位になったのはソニー生命の「利差配当付き終身介護保障保険」で、低解約返戻型なので保険料が割安に設定されており、5年ごとに利差配当を受け取ることができ貯蓄性もある終身タイプの介護保険です。

要介護認定2から一時金や年金を受け取ることができ、65歳未満で介護認定を受けても給付金を受け取ることができます。年金タイプであれば一生涯年金を受け取り続けることができるのが大きな利点です。

2位にランクインしたのは東京海上日動あんしん生命の「長生き支援終身保険」で、こちらも低解約返戻金型の終身介護保険です。貯蓄性があるので老後の資金にも活用することでき、3大疾病で一定の条件を満たすと以降の保険料の払込みが免除される特約を付けることもできます。

3位になったのは朝日生命の「あんしん介護」で、こちらは掛け捨てタイプの保険料が割安な終身介護保険です。要介護認定1から保険金の支給の対象となっており、かつ以降の保険料の払込みが免除されるという点が大きな魅力の介護保険です。

介護保険は若いうちから加入する必要はなく、40~50代以降に受けられる保障が必要であれば加入を検討しましょう。

また終身タイプは保険料をずっと支払い続けるということもあり、最終的には総支払込額が保障額を大きく上回るケースもあります。保障額と保障期間を踏まえた上で加入を決めるようにしましょう。

無料で利用できる保険相談サービスでは、保険のプロであるファイナンシャルプランナーから介護保険に関するアドバイスを聞くことができます。またキャンペーン中の保険相談であればうれしいギフトもプレゼントしてくれるので、保険選びでお悩みの方は一度ご利用されることをおすすめします。


『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加