賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険の基礎知識 > 生命保険の種類


生命保険の種類

生命保険には大きく分けて3つのタイプがあります。このページではそれぞれの特徴をわかりやすく解説しています。

定期保険

現在では様々な種類の生命保険が販売されています。対象とするリスクによって保険の名称は異なり、病気やケガなどに対しては「医療保険」、定年後の収入をカバーする「個人年金保険」、子供の教育費などに備える「こども(学資)保険」などがあります。

また被保険者の死亡・高度障害に備えるのが「死亡保険」で、死亡保険はさらに「定期保険」「養老保険」「終身保険」に分類されます。

定期保険は保険期間のみ被保険者の死亡を保障するもので、保険料が割安であることが特徴です。いわゆる「掛け捨て型」と呼ばれるもので、保険期間が終了して満期になっても満期保険金は支払われません。

定期保険

定期保険は支払った保険料に関してはほとんど返ってくることはありませんが、毎月の保険料が割安なので一定期間を確実に保障したいという方におすすめのタイプです。例えば、結婚したばかりでまだ収入が少ない若い夫婦などにおすすめの保険です。

終身保険

終身保険は保険期間の終了(満期)が無く、一生涯に渡って保障を受けることができる死亡保険です。定期保険に比べる保険料は割り高になっていますが、保険料の払込みを済ませれば後は保障のみを受けることができるので安心です。

また死亡時に死亡保障として保険金を受け取れるだけではなく、介護が必要になった場合は介護保障として保険金を受け取ることが可能です。途中で解約しても支払った保険料の一部が返ってくるので、貯蓄性のあるタイプの死亡保険です。

終身保険

終身保険は定期保険と異なり必ず何かしらの保障を受けることができるので、保険料の掛け捨てがもったいないと感じている方におすすめのタイプです。生活に少し余裕が出てきた30代の夫婦や老後の貯蓄や介護に備えておきたいシングルの方におすすめです。

養老保険

養老保険とは保険期間が終了して満期になった時に、死亡保障と同じ保険金を受け取ることができる死亡保険の種類です。定期保険や終身保険よりも貯蓄性の高いので、3つの保険の中で最も保険料が高くなっています。

養老保険

以前は払込総額よりも満期保険金の方が多く貯蓄目的で加入される方もたくさんいましたが、現在では予定利率が低くなっているため死亡保険の中でもメリットがあまり無くなっています。

生命保険の見直しを検討されている方は、まず現在加入している保険がどの種類に当てはまるか確認しておきましょう。それぞれのタイプでも限定型や特約付随などがあるので、無料相談を受ける前にどのような保険契約になっているのか確認しておくことをおすすめします。

生命保険の種類のまとめ

  • 定期保険は保険期間のみを保障する掛け捨て型
  • 終身保険は一生涯を保障してくれる死亡保険
  • 養老保険に加入する際は満期保険金と総支払額を見比べることが大切

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加